ゴールデンボンバー、微妙なハリウッドデビューに「主役っちゃあ主役」

130604WS13

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが4日、都内で行われた映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』“イタ車”お披露目式イベントに出席した。


ゴールデンボンバーのギター、喜矢武豊が自身のブログに「月9も出たし、いよいよハリウッドか・・・」と投稿した事したことがきっかけで同作品とゴールデンボンバーとの夢のコラボが実現。今回のイベントでそのコラボの全貌が明らかとなった。

ド派手なレーシングスーツで登場した4人は、MCから「これはF1ですか?」と突っ込まれ、「『ワイルド・スピード』ということでスピードが出そうなイメージで事務所にオーダーしたんですけど…」と、用意された衣装に本人たちも戸惑い気味の様子。
ハリウッド初仕事となった今回のコラボは一体どんな内容だったのか聞かれると、喜矢武は「『ワイルド・スピード』の…CMの…効果音の…アフレコです」と明かし、「僕はちなみにエンジン音です」と自身の役柄を紹介。続けて鬼龍院が「僕は爆発音です」、歌広場が「僕はクラッシュ音です」、樽美酒が「僕は雰囲気音」とそれぞれの役を説明し、その場で実演。“雰囲気音”担当の樽美酒はなぜか「クルックー、クルックー」と鳩の鳴き声を披露した。
喜矢武は「Twitterでハリウッド出ますとか色々でかいこと書いちゃったんですけど、これがいわゆるとんだピエロですね」と肩を落としていたが、「言ってみれば、車の音ですから・・・主役っちゃ主役ですよね」と開き直っていた。
映画の感想を求められると「割りとカッコイイ」「早いし、ワイルドだった」と口々に述べ、MCから「皆さんの感想って5〜6歳レベルですよね」と突っ込まれ苦笑いする一幕も。

イベントの後半には今回のコラボレーションを記念して制作されたスペシャル・コラボカーがお披露目された。映画にも登場するアルファロメオの“ジュリエッタ”にゴールデンボンバーのメンバーそれぞれのペイントを施したド派手な車に、4人は感動しつつも「す、すごいけど高級車ですよね?いいんですか?車好きに怒られますよ」「これは痛いですね、どう見ても」「普通の車がよかった」と困惑していた。

その後行われた囲み取材では、報道陣から「ゴールデンボンバーとして世界進出というのはどう考えているのか」と聞かれ、鬼龍院が「正直あんまり考えてないですね。海外の人はボケてもあんまり通じないから」と答え、「音楽で勝負しないんですね?」との問いに「してませんよ、最初から!」と声を張り上げていた。

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』は7月6日(土)、全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top