【AKB総選挙】指原莉乃、過去最多得票で総選挙制すも“1位の椅子”には座れず

指原莉乃

AKB48の32枚目のシングルを歌うメンバーを選ぶ「第5回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが8日、横浜・日産スタジアムで開催され、過去最多となる150,570票を獲得したHKT48指原莉乃(20)が見事第1位に輝いた。

大歓声の中、今にも泣き出しそうな表情で壇上に上がった指原は「HKT48に移籍して1年が経ちます。移籍することになったときに本当にたくさんの方に迷惑や心配をかけてしまいました。HKT48のメンバーやファンの皆さんが私を受け入れてくれるのかとずっと考えていました。テレビでは明るく振舞っていましたが、私にとって一番孤独な時間でした。でも今日このステージに立って15万票というすごい票数をいただいて、私は孤独じゃないって感じることができました。投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます」と思いを語り、「私がセンターになったらAKBは壊れるとか言われているけど、絶対にAKB48は壊しません!頑張ります!」と力強く宣言した。

この順位は最後まで予測できなかったという指原。大島優子が2位で呼ばれてもまだ「飛ばされて呼ばれないみたいなやつかと思っていた」と弱気なコメント。「それくらい人間を疑って生きている」と意味深な発言で会場の笑いを誘った。
指原はその後、ファンに挨拶しながらステージを一周して退場した。

イベント終了後に囲み取材に応じた指原は、毎年1位になったメンバーが座るピンクの椅子に座っていないことを記者から指摘され「あ、ほんとだ!ほんとですね!誰も案内してくれなかった。たぶんあんまり座ってほしくなかったんだと思います、みんな」と相変わらずの自虐っぷり。

イベント後は大島優子が真っ先に声をかけてくれ、「すごく緊張するし、センターに立つ人にしかわからない苦労もあると思うけど、私はわかってるからちゃんと支える」「この1年の指原を見ていたら1位なのも納得できるよ」と勇気づけられたという。
また、秋元康総合プロデューサーと顔を会わせた際に、秋元氏が指原を見て肩をすくめるジェスチャーを見せたようで、「あんまり納得いってないんだと思います。でも総選挙は秋元さんが決めたことだし、こうなっちゃったのは秋元さんのせいだと思ってます」と開き直っていた。

終始恐縮気味の指原だったが、先日、高橋みなみが「指原に負けたら土下座する」と語っていたことを聞かされると、「えーっ!ウソ?されてないですね。あとでしてもらいますね。約束は守っていただいて」とおどけたり、緊張の1日を終えて今何がしたいかという質問に「これ言っていいのかわからないんですけど、コンサート始まってから1回もトイレ行ってなくて、トイレ行きたいです」と、いつものさしこ節は健在だった。
また「毎年、願掛けで自分で3票入れてるんですけど、今年は10票入れました」と明かしていた。

指原がセンターを務める32ndシングルは8月21日発売予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top