AKB48・高橋みなみ、“妖精のアイドル”でハリウッド声優に初挑戦

AKB48の高橋みなみが、8月16日(金)公開のファミリー映画『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』の日本語吹替版でハリウッド映画の声優に初挑戦することがわかった。

高橋は本作のメインキャラクターとなる妖精の国のアイドル“スマーフェット”役を務める。また、スマーフェットを誘拐して悪の道にそそのかすはずが仲良くなってしまうノーテンキな敵役“ハッカス”をお笑い芸人・アンタッチャブルの山崎弘也が、“スマーフェット”を救出するためにスマーフと一緒に奔走する人間夫婦の長男“ブルー”を子役の五十嵐陽向が演じる。

高橋は声優初挑戦に「今回このような役を頂けてとても嬉しいです! スマーフは幸せを呼ぶ小さな妖精♡ みなさんがハッピーな気持ちになれるように気持ちを込めて演じたいと思います!!」と張り切り、山崎は「ザキヤマの人生をこのスマーフ2にぶつけたいと思います!この作品で声が出なくなってもいいぐらいの気持ちで。まあ、実際、声が出なくなることはないと思うんですが、それぐらいの勢いで行くぞ的な感じで頑張ります!なんか振り回すような言い方してすみませんでした」と冗談まじりのコメント。五十嵐は「ようせいたちのおはなし、おもしろいよ。ぼくはクラムジーがだいすき!! ブルーやくのアフレコがんばります。みにきてね〜」と子どもたちに向けてアピールしている。

『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』は8月16日(金)より全国で公開。

※記事初出時、一部内容に誤りがございました。訂正してお詫び致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top