押尾コータローのツアー東京公演に工藤静香がサプライズ登場!

アコースティックギタリストの押尾コータローが16日に開催したコンサート「押尾コータロー コンサートツアー 2013 “Reboot”」東京公演に、工藤静香がサプライズゲストとして登場、押尾コータローとのコラボレーションで2曲を披露した。

今回のツアー「押尾コータロー コンサートツアー 2013 “Reboot”」は先に発売となった自身の11thアルバム「Reboot & Collabo.」を受けてのもの。

押尾コータローと工藤静香は、2008年に発売されたコンピレーション・アルバム「歌鬼(GA-KI) ~阿久悠トリビュート〜」に収録されている「時の過ぎゆくままに」のレコーディングで初共演。
その後、TVでのコラボレーションや、昨年の「工藤静香25th Anniversary Live」には押尾コータローがスペシャルゲストとして出演するなど、共演を重ねて親交を深め、今回「時の過ぎゆくままに」がアルバム「Reboot & Collabo.」に再収録されることから、この日のライブでのコラボが実現した。

アンコールでステージに登場した工藤静香は、押尾コータローの奏でるギター1本の伴奏で「時の過ぎゆくままに」「黄砂に吹かれて」の2曲を熱唱。東京・渋谷、Bunkamura オーチャードホールの約2,000人の観客を魅了した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top