MONKEY MAJIK、「SEND愛」プロジェクトから「東日本大震災みやぎこども育英募金」へ寄付

IMG_5402

ロックバンド・MONKEY MAJIKのメンバー4人が11日、宮城県庁を訪れ、「東日本大震災みやぎこども育英募金」への寄付目録を若生副知事に手渡した。



MONKEY MAJIKのメンバーは2011年3月11日の震災当日、地元仙台で被災。ずっと地元に根付いて活動していたアーティストとして、少しでも地元の力になりたいと思った彼らは、率先してボランティア活動を開始。そして、「美しい東北を取り戻す」という決意のもと、独自の支援プロジェクト「SEND愛」を立ち上げた。

2011年7月には、プロジェクトの第1弾として、大阪城野外音楽堂でのチャリティーライブを開催。当日のチケット売上金全額12,862,000円を、故郷宮城の復興を願い、義援金として宮城県庁へ寄付。同日あしなが育英会東北事務所に1,940,871円を寄付した。プロジェクト第2弾のチャリティーオークションも実施し、2,578,185円をあしなが育英会東北レインボーハウス建築費として寄付した。
さらに2011年10月には被災地である地元仙台にてプロジェクト第3弾となるチャリティーライブを敢行し、売上金の一部である5,022,000円を再び宮城県に義援金として寄付を行った。
昨年12月に東京・NHKホールで行ったプロジェクト第4弾のチャリティーライブでは、小田和正がサプライズゲストとして登場。約3,500名を動員し、東京で改めて被災地の現状や震災風化防止を訴えた。

今回は昨年のチャリティーライブ東京公演の売上金の一部と、当日会場での募金箱に集まった善意を、平成23年度に設置された「東日本大震災みやぎこども育英募金」へ寄付。震災にて親を亡くした子ども達が、未来の夢や可能性の機会創出の一助となるよう役立てて欲しいという気持ちを込めた。
若生副知事は「被災地の子ども達への援助は非常にありがたい。郷土の誇りです。東北の観光親善大使として日本全国に東北の良さを広めて欲しい」とエールを送った。

「僕たちのこのプロジェクトに賛同してもらい、皆さんと共に故郷の復興に携わっていきたい」と語るMONKEY MAJIKは、今後も復興に向けた「SEND愛」プロジェクトを継続する予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top