世界を変えた天才の半生を描く映画「スティーブ・ジョブズ」 11月日本公開

アップル創業者スティーブ・ジョブズの知られざる半生を描いた映画『スティーブ・ジョブズ』(原題:JOBS)」が11月に日本で公開されることが決定した。

本作は、独自の考え方を貫き、周りの人全てを敵に回した“反逆児”が、どうやって世界中の人に愛されるデバイスを創ったのか。シリコンバレーの寵児と呼ばれながらも繰り返される成功と挫折の狭間で、彼は何を考え、何を想ったのか。
2011年、56歳の若さでこの世を去った、アップル創業者スティーブ・ジョブズの知られざる光と影を描く。

今回、スティーブ・ジョブズを演じた俳優アシュトン・カッチャー(35)は、ジョブズ本人の映像を研究し、独特の歩き方や振る舞いなどを学んだほか、役づくりのためもダイエットを敢行、自分とジョブズの顔を真ん中で半分に分けて作った写真を自らツイッターでUPするや否や世界中からその瓜二つの顔に驚きの声があがり、大きなニュースとなった。

全米では今年の8月16日に公開が決定し、ジョブズ氏の三回忌をむかえるこの秋にもアップルは新たなiPhoneを発売するうわさもあるなど、今なお話題の中心となり世界を驚かせ続ける人物の初の劇場映画化作品となる。

映画『スティーブ・ジョブズ』は2013年11月、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー。

『スティーブ・ジョブズ』

監督:ジョシュア・マイケル・スターン(映画初)
出演:アシュトン・カッチャー『バタフライ・エフェクト』 、ダーモット・マローニー『ゾディアック』 、ルーカス・ハース『インセプション』ジェームズ・ウッズ『ヴァージン・スーサイズ』
配給:ギャガ 
(C)2013 The Jobs Film,LLC.   
公式サイト:http://jobs.gaga.ne.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top