大橋トリオ、広末涼子主演ドラマ劇中音楽をプロデュース

7月9日より放送開始される関西テレビ・フジテレビ系 火曜よる10時ドラマ『スターマン・この星の恋』の劇中音楽を大橋トリオが制作・プロデュースすることがわかった。

同ドラマは17年振りの連ドラ出演となる広末涼子が主演を務め、監督は『劇場版 SPEC~天』映画『20世紀少年』の堤幸彦、脚本は『最後から二番目の恋』『阪急電車』の岡田恵和が手掛ける。広末演じる肝っ玉シングルマザーと謎の青年・星男が織りなすラブロマンスを、大橋トリオが作り出すロック/フォーク/JAZZを駆使した楽曲達が、ドラマをカラフルに彩る。
また、劇中ではデビットボウイの名曲『スターマン』を大橋トリオがカバー。堤監督との最初の音楽打ち合わせで、冗談を交じりにカバーができればと話していたところ、その後、実際に曲づくりが行われた。

最初にカバー曲を聞いた堤監督は「某洋楽有名シンガーが歌っているんじゃないかと思わず耳を疑ってしまうぐらい出来上がりが素晴らしかった。まさに新しいイメージの洋楽とも言える」と話し、「原曲の切ないイメージはそのままに、アレンジはまさに大橋トリオさんならでは。これが主人公達の感情に絡まってくると、いい化学変化が起こすんです。21世紀と70年代を大橋トリオさんが結んでくれたといっても過言ではありません」とも語った。このカバー曲は、7月9日にスタートする初回をはじめ、今後随所で流れる予定。

堤監督は劇版の音楽についても「大橋トリオさんがかいてくれた劇版の音楽もこれまた深いというか素晴らしい。重すぎず、軽すぎず。ドラマの編集上がりを見たんですか?と思うくらい、映像とハマるんです。センスが良くて、本当に幸せなドラマです」と大満足の様子。

大橋トリオは今回の経緯について「前回の『ハングリー!』スタッフさんにお声かけしていただき、今回『スターマン・この星の恋』のドラマ音楽を作らせていただく事になりました。ライブツアー中と重なってしまった時期でしたので、少しためらいもあったのですが、堤監督が演出されるということで、はじめにお会いさせて頂いた際に自作のCDも気に入っていただき、デモ曲も『いい感じだ』という事でしたので、僕からも、ちょっと提案しようと『デビットボウイの『スターマン』のカバーとかってどうですか?』ってきいたら、『聴いてみたい』っておっしゃってもらいました」と語っている。

なお、本家ヴァージョンとはまた一線を画したバラードとなっているカバー楽曲『Starman』は7月31日よりiTunes music storeにて先行で配信限定リリースが決まっている。

ドラマ『スターマン・この星の恋』オフィシャルサイト
http://www.ktv.jp/starman/index.html
初回のみ、7/9(火)よる10:15~スタートで10分拡大。
関西テレビ・フジテレビ系 毎週火曜よる10時放送

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top