安藤裕子、永作博美と8年ぶりにタッグ 映画主題歌を担当

シンガーソングライターの安藤裕子が、今秋公開予定の永作博美主演映画「四十九日のレシピ」の主題歌を担当することが発表された。


これは、もともと安藤のファンだったという監督のタナダユキからの熱烈なオファーによって実現したもので、劇中でも重要な意味を持つハワイアンを代表する鎮魂歌「アロハオエ」に安藤が日本語詩を書き下ろし歌っている。

安藤が映画の主題歌を担当するのは「海原の月」以来6年ぶり。そして安藤裕子と永作博美のタッグは、’06年に話題となった月桂冠のCM以来2度目となる。

映画は、伊吹有喜の小説「四十九日のレシピ」が原作で、主演の永作博美をはじめ、共演には、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造ら実力派が名を連ねる、感動の物語になっている。

安藤裕子コメント


アロハオエ。さよならも愛してるもこの一言で伝えられる。今回この曲を歌って欲しいと言われた時、最初はとても戸惑いました。ハワイアンなんて知らないんだもの。ハワイアンバンドをやっていた父に思わず連絡してしまった。だけど本編を見て、歌える。そう思いました。毎日毎日、多くの人が大切な人を失い泣いている。そしてゆっくり前に進んで行く。私だってそう。だから歌えたんだと思います。またいつかどっかで会えるんだろう。

タナダユキ監督コメント


初めてお会いした時の彼女は、青いニットを着ていて、そこからのぞく透き通る肌はとてもきれいだった。茶目っ気と研ぎすまされた感性に、少女のような雰囲気を持ちながら、大人の女性の美しさを持った人だと思った。
映画の最後は「Aloha Oe」と決めていた。誰の声で“去り行く人に送る唄”を聴きたいか。思い浮かんだのは、安藤裕子さんの透明感溢れる優しく甘く切ない歌声だった。
映画を作ることは、簡単には行かない。色々なことがある。出来上がった「Aloha Oe」を聴いた時、全てが報われた気がした。
儚げなのに力強い奇跡のような歌声。それは映画という枠すら超えて、より多くの人に届いて欲しいと願わずにはいられない、“安藤裕子にしか唄えない” Aloha Oeだった。

「四十九日のレシピ」

11月9日(土)新宿バルト9・有楽町スバル座 他 全国ロードショー
(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

出演:永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造 ほか
原作:伊吹有喜(ポプラ社刊)
監督:タナダユキ 『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』
脚本:黒沢久子『キャタピラー』
配給:ギャガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top