MISIA、キャンドルナイトでゼクシィCMソングを国内初披露

歌手のMISIAが7月13日(土)・14日(日)の2日間、河口湖ステラシアターで「MISIA CANDLE NIGHT FES. 2013」を開催した。


本イベントは昨年MISIAが河口湖で開催し、ステージ一面にしきつめられたキャンドルの幻想的な雰囲気とMISIAの優しい歌声が好評を博した一夜限りのライヴ「MISIA Candle Night」の名称を改めたもの。
MISIA本人は、15周年イヤーに再び開催することができたこのイベントで「キャンドルの炎のリズムのように、ゆったりとしながら音楽を聴いて欲しい」とメッセージ。

イベントでは、会場となるステラシアターの入口に色とりどりのキャンドルホルダーが一面に飾られ、神聖な世界への入口を演出。観客にも入場時に小ぶりの白いキャンドルが配られた。

厳かな空気の中、MISIA、Hanah Spring、澤田かおりの3名で歌う「Mercy Mercy Me」でライブがスタート。
ライブ中盤には客席で事前に配られたキャンドルへ順番に火をともしていくキャンドル・リレーが行われ、真っ暗な客席に少しずつキャンドルの火が灯されていく幻想的な美しさに、会場に感嘆のため息がもれた。
また、この日のLIVEでは、MISIAが「結婚の喜びと幸せの願いを込めた」と語るゼクシィCMソングの新曲「幸せをフォーエバー」が、国内のライブで初めて披露された。

4,000本ものキャンドルで彩られたステージに、客席で揺らぐ3000本のキャンドルが加わり、会場外も含め計10,000本のキャンドルで埋め尽くされた幻想的な世界でMISIAの美しい歌声を堪能できる、スペシャルな一夜となった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top