乃木坂46、「サマコン2013」で“よりよい国づくりへの参加”呼びかけ

メインフォーラムIに登場した乃木坂46

乃木坂46が20日、パシフィコ横浜で開催された「サマーコンファレンス2013」に登場した。


本イベントのオフィシャルサポーターを務める乃木坂46は、最初にメインフォーラムⅠのステージに登壇。同フォーラムに参加した5000人に向けて「私たちと一緒に日本のことをもっと勉強して、より素晴らしい国にしていきましょう」と呼びかけた。

その後、メンバーたちは会場内の随所に登場し、マラリア撲滅の募金を呼びかけたり、緊急支援物資備蓄パッケージ「JC-AID」のPRを行ったりと、「サマコン」オフィシャルサポーターとして1日を通して精力的に活動を行った。

さらに、この日予定されていた全フォーラムの終了後には、フォーラム参加者限定のミニライブを開催。
ライブでは7月3日にリリースした新曲「ガールズルール」やそのカップリング「世界で一番 孤独なLover」など6曲を披露し、最後にキャプテンの桜井玲香が「みんなで力をあわせてよりよい国をつくっていきましょう」と締めくくった。

日本JCが主催する「サマーコンファレンス」は、約半世紀前から続く日本JC最大のイベントで、近年では経済産業省や横浜市の後援のもと、毎年横浜市で開催。時代を理解するうえで押さえておきたい各界の第一人者をパネリス トとして招き、政治・経済・社会など幅広いテーマのフォーラムを実施している。

※写真はクリックで拡大後、矢印(←→)キーで前後の写真へ移動できます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top