東京女子流、半年間のスレスレチャレンジで成長した姿を披露

th_E08C2350

5人組アイドルグループ・東京女子流が21日、東京・渋谷公会堂で「東京女子流スレスレTV PREMIUM LIVE」を開催した。

「東京女子流スレスレTV」はBSフジで今年1月から6月まで放送されていた東京女子流初の冠番組。同番組では、メンバーそれぞれが出されたスレスレな課題にチャレンジ。新井ひとみはマジシャン三志郎指導のもと「マジック」を。庄司芽生は警察犬養成校へ出向き、「警察犬マックスの訓練士」に。山邉未夢は、パフォーマー小林玄のもと「ピエロ」の修行を。小西彩乃は「ドラマー」としてヴィジュアル系バンド、NIGHTMAREとセッション。中江友梨は、ヒカリゴケと一緒にお笑いチーム”ユリゴケ”を結成し、「お笑い」に挑戦した。
それぞれが挑戦してゆく姿を追いかけた放送は6月で終了したが、番組で培った成果をファンたちの前で披露しようと、今回のイベント開催に至った。

イベントは「5つの魔法」「5つの伝言」と題された2部で構成。
第1部「5つの魔法」では、5人が番組内で行ったスレスレな挑戦を通して身につけた技を披露。新井ひとみが手の中から吹雪のように雪が激しく吹き出すマジックを、山邉未夢はバルーンアートを、そして、小西彩乃はドラムを演奏し、中江友梨はお笑いコンビ「ヒカリゴケ」の2人とふたたびお笑いユニットを結成して会場を湧かせた。
庄司芽生が心を交わしあった警察犬の“マックス”は、残念ながらイベントには欠席となった。

それぞれのチャレンジの合間には、東京女子流のライブ・ステージを展開。番組のテーマ曲にも起用された『ヒマワリと星屑』から幕を開けた舞台は、『それでいいじゃん』のように明るく弾けた表情から、『Bad Flower』『Liar』で見せた大人っぽい姿、会場中をパーティーな空間へ導いた『おんなじキモチ』など、彼女たちの中にある多彩な表情を、3つのブロックに分け描き出していった。

第2部、「5つの伝言」と題したステージは、ライブとパフォーマンスのコーナーを交互に展開。「5つの魔法」同様、番組のテーマ曲に起用された『ヒマワリと星屑』から幕を開けたライブは、ポップでチャーミングな『きっと、忘れない、、、』や、切ない恋模様に胸がキュッと疼いた『追憶』、カラッとした青春の息吹伝える『頑張って、いつだって 信じてる』など、緩急をつけながら、観客を熱狂へと導いた。

パフォーマンスのコーナーでは、番組内で東京女子流のメンバーに技を教えてくれた師匠たちの印象深い言葉をクイズ形式で紹介する「スレスレTVクイズ」や、庄司芽生以外の4人がそれぞれ番組で挑戦していたことを新たな課題のもと観客たちの目の前で実践する「スレスレ生チャレンジ」などのコーナーでイベントを盛り上げた。

また、第1部・第2部ともに、番組内で行っていた“路上ライブ”で共演したアイドリング!!!のメンバー、朝日奈央・菊地亜美・橘ゆりか・橋本楓・伊藤祐奈の5人が登場。「5つの魔法」では、アイドリング!!!のナンバー『職業:アイドル。』を、「5つの伝言」では東京女子流の『おんなじキモチ』を10人で歌唱した。
さらに、新たなるスレスレなチャレンジとして、「ロックな楽曲に挑戦」。LUNA SEAのJが書き下ろした曲にメンバーみずから作詞をして作り上げた新曲『Get the Star』を披露した。
最後は同じくJの提供した、胸をグッとつかむバラード『Last Forever』で幕を閉じた。

なお、「東京女子流スレスレTV」は9月25日にDVDの発売が決定しており、番組ではオンエアされなかった伝説の名場面の裏側や、5人の素顔にせまった撮り下ろし映像も収録される予定となっている。

※写真は第1部「5つの魔法」



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top