秦 基博、初のセルフセレクションアルバムに2ndシングル「鱗」の弾き語りなど新録

秦 基博のセルフセレクションアルバム『一耳惚れ』が10月16日(水)に発売される事が決定した。

秦がナビゲーターを務めるRADIOレギュラー番組、J-WAVE「RADIPEDIA」(毎週月曜深夜24時〜26時)の生放送内で発表されたもの。

これまでにオリジナル・アルバム4枚とシングル15枚のほか、弾き語りアルバム、ミニアルバム、EPを各1タイトル発表してきた秦は、番組で「自分自身思い入れのある曲や重要なポイントになった曲をセレクトした」と語り、過去の作品から14曲を選曲。加えて2曲の新録曲が収録されることも明らかになった。

新録されるのは、2ndシングル「鱗」の弾き語りと、FM802今春のキャンペーンソング「スプリングハズカム」のセルフ・カバーの2作品。
「当初シングル作品を入れる意図はなかった」と語る秦だが、「『一耳惚れ』というタイトルが決まった段階で、代表曲と言われる『鱗』と『アイ』を一番シンプルな形で収録することがこの盤にはふさわしい」と思い、今回「鱗」をあらたに弾き語りで録り下ろすことになったという。
ちなみに「アイ」は2010年リリース『BEST OF GREEN MIND ’09』(※期間限定生産のため現在では廃盤)に収められた弾き語りバージョンでの収録となる。

また、もう1曲の新録曲「スプリングハズカム」は、関西の人気FM局、FM802春の「ACCESS!」キャンペーンソングとして秦が作詞・作曲し提供した作品で、オリジナルはレキシとの共同プロデュースにより制作され、清水依与吏 (back number)、トータス松本、ナオト・インティライミ、PUFFY、miwaといった複数のボーカリストが参加し、話題となったナンバー。
「鱗(うろこ)」の弾き語りとは対照的に、こちらは秦の“Signed POP TOUR”や今夏の出演フェスをサポートする磐石なミュージシャン<河村“カースケ”智康(Dr)・鹿島達也(Ba)・久保田光太郎(G)・皆川真人(Key)>で新録したバンド・バージョンとなる。

アルバムにはこの2曲のほか、先頃発表になった2013上半期USENヒットランキングでもTOP3にランクインした「Girl」(ヨコハマタイヤBluEarth CMソング)、「月に向かって打て」(マイナビ2014 CMソング)、「トラノコ」(カンロ健康のど飴TVCMソング)、「風景」(花王アタック20周年TVCMソング)、「花咲きポプラ」(TOEX ガーデンリフォームフェアTVCMソング)や、フジテレビ系“めざにゅ〜”テーマソング「今日もきっと」など、誰もがきっと耳にしたことのある、秦の隠れた人気曲が収録される。

さらに『一耳惚れ』発売同日、秦 基博にとって初のアナログ盤「Girl」のリリースも決定。最新アルバム『Signed POP』収録のオリジナル・トラックほか、冨田ラボによるREMIXバージョン「Girl(Tomita Lab. Remix)」などを含むLPサイズでのリリースとなる。
「Girl」は2013年1月にリリースされた秦の通算4枚目となるアルバム『Signed POP』(サインド・ポップ)に収録されており、ヨコハマタイヤ「BluEarth」(ブルーアース)CM曲として現在新CMが大量オンエアーされている話題曲。

セルフセレクションアルバム 『一耳惚れ』(ひとみみぼれ) 

2013年10月16日(水)発売
●初回生産限定盤[CD+Bonus CD](2CD) AUCL-140〜141 ¥3,500(税込)
※ボーナスCDにはこれまでのライブの中から数々の名演を厳選&コンパイル。
(ボーナスCDの詳細は後日オフィシャルHPにて発表)
●通常盤[CD]:AUCL-142 ¥2,835(税込)

[収録曲(初回生産限定盤/通常盤共通)・曲順未定]
Girl / スプリングハズカム※新録 /鱗(うろこ)※弾き語り新録 / やわらかな午後に遅い朝食を / プール / dot / 風景 / 色彩 /Honey Trap / 花咲きポプラ / My Sole, My Soul / SEA / 今日もきっと / トラノコ / 月に向かって打て /アイ(弾き語りVersion)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top