AKB48・高橋みなみ、子供とじゃんけんで勝利 本番に弾み

AKB48の高橋みなみが28日、都内で行われた映画「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」のグローバル・プレミアinジャパンに登場した。

高橋は本作の日本語吹替版でヒロイン・スマーフェット役の声優を担当。同じく吹替を担当したお笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也、子役の五十嵐陽向とともに登場し、淡いパステルカラーのミニドレスで、しあわせを呼ぶ妖精・スマーフの色にちなんだハッピーブルー色のカーペットの上を歩いた。

その後3人は600人の観客が待つ上映劇場に移動して舞台挨拶。高橋は「こんなに沢山の方に見ていただけたんだと思うと感無量です」と挨拶した。
ブルーカーペットを歩いた感想を聞かれ、「自分が何者なのかわからなくなりましたね」と話しつつ、「ハリウッドスターのような気持ちになって、すごい気持ちが良かったです」と笑顔を見せた。

ハッピーを呼ぶ妖精・スマーフにちなみ、「どんなハッピーを届けてほしいか」という質問を受けた高橋は「連休ですね」と即答。山崎から「もうちょいなんかないの!? 海外に行くとか」と突っ込まれると、「映画にも海外の建物が沢山出てきたので、美術館とか行きたいですね」と希望を語った。
一方の山崎は「やっぱりもう、スマーフ3の出演オファーでしょうね」といって会場の笑いを誘った。

イベントの後半にはハリウッド・セレブのように手形セレモニーを行い、さらに、場内の子供たちを相手に勝ち抜きじゃんけん大会が実施された。
9月18日にAKB48のじゃんけん大会が控えている高橋は「予備選ですね。毎年負けてばかりなので、ここで勝ち癖をつけておかないと」と気合十分。
高橋、山崎、五十嵐がそれぞれ会場の子供たちとじゃんけんをした後、最後にじゃんけん大会を勝ち抜いた優勝者と高橋が1対1で対戦。見事チョキで勝利した高橋は「大人げないけど、ゴメン!すごい嬉しい!どうしよう!」と大喜び。「ありがとう、すごい勇気もらった」と少年に感謝しつつ、じゃんけん大会本番に向けて弾みをつけた。

映画「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」は8月16日(金)全国ロードショー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top