【フォトレポート】HKT48、TIF2013に登場!真夏のお台場で全力パフォーマンス

130728tif13

福岡・博多を拠点とするアイドルグループ・HKT48が28日、東京・お台場で開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」に登場した。

この日、HKT48はまずZepp Tokyoに設けられた“HOT STAGE”に出演。「HKT48」で幕を開けたステージで、「初恋バタフライ」「スキ!スキ!スキップ!」といったオリジナル曲のほか、AKB48の「言い訳Maybe」や「大声ダイヤモンド」といった人気曲を歌唱。さらに、9月4日にリリースする新曲「メロンジュース」も披露した。
MCでは、最近こういったアイドルフェスに参加させていただく機会がないという指原莉乃(20)が、「(幕が)開いた瞬間に見たら(Tシャツに)“アイドリング”って書いてある人がいてビックリした」と話し、「なので、今回はアイドリングファンの皆さんにも私たちHKT48を好きになってもらえるように頑張ります!よろしくお願いします!」とアピール。
また、二期生の朝長美桜から「なんで指原さんが(総選挙で)1位になったんですか?」との質問に、指原は「それはね、大分市と中国人が・・・いやいや、ばかやろう。言わすな言わすな」と、ノリツッコミを見せて会場の笑いを誘っていた。
指原はその後も後輩たちから「さっしーは公演に来るとカップラーメンばかり食べてる」「しかもおっぱいちっちゃいし」と、いじられ放題だった。

“HOT STAGE”でのライブ後は、続けてウエストプロムナードに設置された屋外ステージ“SMILE GARDEN”に登場。気温30度を超す灼熱の太陽のもと、全力のパフォーマンスでファンを湧かせた。

TOKYO IDOL FESTIVALは、2010年より開催されている国内最大規模のアイドルイベント。今回は7月27日(土)・28日(日)の2日間に渡って開催され、女性アイドルグループを中心に111組のアイドルが出演した。

※写真はクリックで拡大後、矢印(←→)キーで移動できます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top