櫻井翔、北川景子ら、映画「謎解き」撮影地・シンガポールでインターナショナルプレミア開催

影山(櫻井翔)のハーブティを飲む北川、椎名

映画「謎解きはディナーのあとで」のプレミア上映会がシンガポールで行われ、同作に出演した俳優の櫻井翔、北川景子、椎名桔平の3人が出席した。シンガポールは本作のロケ地でもあり、海外配給も決定している。

25日午後、シンガポール・チャンギ国際空港に到着すると、この日の到着は一切一般には知らされていないにも関わらず、空港には約500人の熱狂的なファンが集結し、櫻井ら謎解きメンバーの到着を温かく出迎えた。

27日、一行は「東洋の真珠」と評される、名門中の名門ホテル・ラッフルズホテルへ。
ラッフルズホテルには、宿泊した著名人の写真が飾られている“Hall of Fame”と呼ばれる廊下があり、今回、櫻井の写真が日本人男優として初めてここに掲出されることに。
チャーリー・チャップリン、サマセット・モーム、ジョン・ウェイン、エリザベス・テイラー、ジョージ・ルーカスらの写真とともに自分の写真が掲出されることとなった櫻井は「この場所に歴史の深さ、品格を感じていたので、有難き幸せ。それしかない」と感無量だった。

同日夜には、3つの建物の上に船が覆いかぶさるような形が印象的な“マリーナベイ・サンズ”の一角に設けられたレッドカーペットに櫻井、北川、椎名、そして土方監督の4人がリムジンで登場。集まった約2000人のファンからは絶叫にも似た大歓声が沸き起こった。

その後、マリーナベイ・サンズ内にある1500人収容の“ザ・サンズシアター”で舞台挨拶を実施。
冒頭の挨拶で櫻井は、英語にて、シンガポールの各ロケ地でたくさんの方々にお世話になったことに謝意を伝え、さらには“シングリッシュ”と呼ばれるシンガポール独特のアクセントも織り交ぜ、結びにはマレー語で「テリマカシー(ありがとう)」と感謝の気持ちを伝えられると、満員のファンから大きな歓声が上がった。
北川は、シンガポールでの公開日が自身の誕生日に重なることに不思議な縁を感じており、今お客さんの前に立てること、映画公開できることに嬉しい気持ちで一杯だと語り、椎名は劇中で演じる風祭警部のセリフ「ハイ!」を会場に向けて投げかけると、一斉に返してくれるファンに、とても親しみを感じて感動していますと述べた。

大盛り上がりの中、最後にお客さんも入る形でのフォトセッションを終え、歓声鳴り止まぬ中、櫻井は「LOVE YOU ALL!!」と祝福に応えて会場を後にした。

「映画 謎解きはディナーのあとで」は、8月3日(土)全国東宝系にて公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top