栗山千明、第26回東京国際映画祭“フェスティバル・ミューズ”に就任

10月17日(木)から25日(金)にかけて、東京・六本木ヒルズを中心に開催される「第26回東京国際映画祭(TIFF)』の第一回記者会見が30日、都内で行われ、女優の栗山千明が本映画祭の“フェスティバル・ミューズ”に就任することが発表された。

スケジュールの都合上、記者会見は欠席となった栗山からは「この度、今年の東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズを務めさせていただくことになり、映画は見るのも大好きですが、私は役者という立場で日々、チーム一丸となってものづくりをする映画というエンターテイメントの楽しさを感じているので、この日本と世界を繋ぐ素敵な映画祭のお手伝いができることをとても光栄に思っております。精一杯、そして楽しみながら務めさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します」というコメントが寄せられた。

また、会見では映画祭のオープニング作品とクロージング作品も発表。
オープニング作品はトム・ハンクス主演の『キャプテン・フィリップス』(11月19日公開)、クロージング作品は三谷幸喜監督の『清須会議』(11月9日公開)に決定した。

『キャプテン・フィリップス』は、「ボーン」シリーズや『ユナイテッド93』などを手掛けたポール・グリーングラス監督が、2009年に起きたソマリア海域人質事件を基に、実在のフィリップス船長の緊迫の4日間を描いた作品。
同作主演のトム・ハンクスは本映画祭にあわせ、4年ぶりの来日を果たす予定となっている。

TIFFの最後を飾る『清須会議』は、三谷幸喜監督待望の最新作。日本史上初めて“会議で歴史が動いた”と言われる「清須会議」をテーマに、役所広司、大泉洋といった総勢26名の豪華キャスト陣が、その時代を必死に生きた人々の可笑しくも愛おしい姿を群像劇として描いた歴史エンタテインメント。
クロージング作品に日本映画が登場するのは市川崑監督 『犬神家の一族』以来7年ぶりとなる。

TIFFは、1985年より開催されている国際映画製作連盟公認の日本唯一の国際映画祭。第26回東京国際映画祭では、メイン部門の「コンペティション」のほか、新部門の「アジアの未来」、「特別招待作品」、昨年までの「日本映画・ある視点」部門を進化させた「日本映画スプラッシュ」、同じく旧「ワールドシネマ」部門をリニューアルした「ワールド・フォーカス」の5部門で9日間にわたって上映。東京・六本木ヒルズを中心に、都内各所で開催される。

会見には、TIFFディレクター・ジェネラルの椎名保氏、公益財団法人ユニジャパン事務局長の西村隆氏、TIFF事務局長の都島信成氏が出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top