中島美嘉、新曲「僕が死のうと思ったのは」フルMVを48時間限定公開

場面写真

中島美嘉の新曲「僕が死のうと思ったのは」(8月28日発売)のミュージックビデオが本日5日正午12時より48時間限定で公開された。

先日の大阪フェスティバルホールでの初披露の際には「ちょっと後ろ向きな感じがするタイトルだけど、最後まで聴いてもらうとわかると思いますが一生懸命生きているということを伝えている愛で溢れた曲です。この曲を聴いてそれぞれ何かを感じてくれたら嬉しいです」と語った中島美嘉。
その後、48時間限定で公開されていたリリックビデオが再度追加でアップされるなどしていたが、今回初めてフルバージョンでの公開となる。

MVの撮影は7月上旬、容赦なく照り散らす太陽のもと、多摩川の河川敷で行われた。
また、本作には日本を代表するイラストレーター・YKBXとのコラボレーションにより、ジャケットワークに登場しているイラストの少女がMVにも登場したり、特殊なセンサーで中島美嘉や背景を立体的に撮影し、その有機的なコンピューターグラフィックスの動きと実写を融合させるなど、実写×イラスト×デジタルの様々な仕掛けが施されている。

なお、48時間限定フル公開の後は、ショートバージョンの公開が予定されている。

中島美嘉 『僕が死のうと思ったのは(MUSIC VIDEO)』



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top