渡辺麻友、声優でハリウッド進出 実写映画吹き替え初挑戦

渡辺麻友

AKB48渡辺麻友が、11月1日(金)公開のハリウッド映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』の日本語吹替え版で声優を務めることがわかった。

今回、渡辺が声優を務めるのは、アレクサンドラ・ダダリオ演じるオリンポスの12神のひとりアテナの娘で、主人公・パーシーと共に冒険の旅に出るアナベス役。知恵と芸術の神アテナの娘のイメージに、そして米映画専門サイト「インディペンデント・クリティクス主催の2012年美女顔ランキングで堂々の3位につけた注目の若手女優アレクサンドリア・ダダリオの明るく元気なイメージに、渡辺がぴったりだということで今回の大抜擢に至った。

初めての実写映画吹き替えでハリウッド作品に参加することになった渡辺は「驚きと同時にとても嬉しかったです」と喜びを語り、「素敵な作品に携わらせて頂ける機会に感謝するとともに作品の名に恥じぬ様、精一杯演じさせて頂きたいと思います」と意気込んでいる。

原作は「ハリー・ポッター」を超え130週連続売り上げベストテンに君臨した「パーシー・ジャクソン」シリーズ。パーシー役を演じるのは前作『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』でブレイクし、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のダルタニアン役でさらに人気を高めているローガン・ラーマン。そして前作で監督をつとめた『ハリー・ポッター』のクリス・コロンバスが製作総指揮にまわり、さらにスケールアップした神話スペクタクルアドベンチャーに仕上がっている。

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』ストーリー


ギリシャ神話の〈海の神〉、ポセイドンと人間の母との間に生まれた〈ハーフゴッド〉のパーシーは、ハーフ訓練所で怪物に襲われ、世界が危機にあることを知る。神々の世界と人間界とを分けていた結界が破られ、ハーフゴッドの世界を守っていた〈タレイラの木〉が枯れかかっているのだ。これは、かつてパーシーの父ポセイドンがゼウスらとともに封印した神々の父、クロノスが復活しようとしていることを物語っていた。クロノスの邪悪な力を止めるには、魔の海に隠された〈黄金の毛皮〉を使うしかない。パーシーたちが探求を開始した矢先、〈サテュロス〉の親友、グローバーが何者かにさらわれてしまう。パーシーはアナベスと、弟を名乗る訓練所に来たばかりの〈サイクロプス〉タイソンと共に魔の大海原へと乗り出していく……!

監督:トール・フロイデンタール  製作総指揮:クリス・コロンバス
出演:ローガン・ラーマン ブランドン・ T. ジャクソン アレクサンドラ・ダダリオ ジェイク・アベル
ダグラス・スミス スタンリー・トゥッチ
原作:「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔海の冒険」 [ほるぷ出版]
2013年 / アメリカ映画 / 配給:20世紀フォックス映画  © 2013 Twentieth Century Fox
◇公式facebook: https://www.facebook.com/PercyMovieJP
◇公式twitter: https://twitter.com/PercyMovieJP

photo



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top