SPYAIR、ニューアルバム発売記念フリーライブに8000人熱狂

th__ATZ9117

ロックバンド・SPYAIRが3rdアルバム「MILLION」を日韓同時リリースした本日7日、“アルバムを全曲曲順通りに再現する”という1度限りのプレミアム・ライブを代々木公園野外音楽ステージで開催した。

この日、代々木公園には今年一番の猛暑日にも関わらず8000名のファンが集結。アルバムの1曲目を披露すると、ボーカル・IKEの「ようそこSPYAIRのライブへ!」という声で会場は一気にヒートアップ。立て続けにアルバム順に勢いのあるロックナンバーでたたみかけ、現在大ヒット中のシングル曲「現状ディストラクション」が終わった時点で、今回のライブについてMC。
続いてヒット曲「サクラミツツキ」、インディーズ時代からある名曲でファン待望のCD化となったバラード「Winding Road」を披露、ここからこのライブならではの、楽曲通りチアガールが登場してアルバム中盤の勢いを再現、後半は4人だけで再現するストイックなロック「STAND UP」、最もSPYAIRらしい“踊れるロック”「SUPERSONIC」、MCを挟んで、発表後ファンから一番人気のある「雨上がりに咲く花」、ドラマ主題歌にもなっている「虹」、ラストナンバー「16 And Life」で締めくくった。
アンコールでは、メンバー登場と同時にファンが一斉にジェット風船を飛ばすというサプライズも行われ、恒例の「サムライハート(Some Like It Hot!!)」を披露し、熱狂のライブは終了した。

このライブは写真撮り放題&アップし放題となっており、オフィシャルサイトではライブの模様とツイッターの書込みが同時に見れるスペシャルページがオープン。
さらに、アルバムが9月にヨーロッパ50カ国、韓国では日本と同時でのリリースが決定している事もあり、各国のファンからの要望に応え、USTREAM、ニコニコ生放送、YOUTUBE CHANNELで世界へ3元生中継もされた。

なお、SPYAIRは今週金曜にテレビ朝日「ミュージックステーション」に初出演が決まっており、先月オリコン6位となった『劇場版銀魂』主題歌「現状ディストラクション」を披露する予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top