永作博美主演映画『四十九日のレシピ』モントリオールに続きハワイ国際映画祭にも出品

『四十九日のレシピ』

11月9日(土)に全国公開を迎える、永作博美主演作映画『四十九日のレシピ』が、第33回ハワイ国際映画祭(2013年10月10日~10月20日) Spotlight on Japan部門に正式出品されることが決定した。

ハワイ国際映画祭はその地理と歴史から、アジア圏の優れた作品を数多く発掘、紹介している映画祭であり、昨年2012年には、内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』が作品賞を受賞したことでも話題を呼んだ。

今回、本作が出品されるSpotlight on Japan部門は、日本文化を象徴する映画に焦点を当てる部門であり、本作のテーマの一つである“四十九日”という文化を世界に向けて披露する絶好の部門となる。
本作の主題歌となる安藤裕子による「Aloha ‘Oe」は、元々ハワイ王国第8代女王リリウオカラニによって作られたとされる名曲を新たにアレンジし、安藤裕子が書き下ろしの詩をあてたもの。
また、映画のクライマックスとなる「四十九日の大宴会」シーンではフラダンスが印象的に披露される場面もあり、“四十九日”という日本の文化と、ハワイを象徴するこれらの文化の融合に、どのような感想が寄せられるのかにも期待が高まる。

『四十九日のレシピ』は、突然亡くなった母の遺言に従い、残された父と娘が“四十九日の法要”ならぬ、“四十九日の大宴会”を開くこととなり、この49日の間に自らの人生とも向き合っていく感動作のドラマ。
本作はすでに、8月22日に開幕する「モントリオール世界映画祭」への出品も発表されている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top