東方神起、日産スタジアムで85万人動員のツアーに幕

東方神起

東方神起が8月17日・18日の2日間に渡り、日産スタジアムで「東方神起 LIVE TOUR 2013~TIME~ FINAL in NISSAN STADIUM」を開催した。

2日間での動員は14万人超。2006年の日本初ツアー時は約2万人だったツアー総動員数は今回約85万人にまで膨れ上がり、これは自身最多ライブ動員数であると同時に、海外アーティストによる最多ライブ動員数も記録した。

オープニング映像の後、1曲目の「Fated」のイントロと同時にチャンミン、ユンホの2人が姿を現すと、会場を埋め尽くす72,000人の歓声が大空に響き渡った。
「日産スタジアムは思ってた以上にアツいですけど、このアツさに負けずに最後まで頑張って楽しく盛り上がっていきましょう! みんな最後までちゃんとついてきてねーっ!」と客席を煽るユンホ。チャンミンも「日産スタジアムは初めてですけど、ここにいらっしゃってるみなさんの情熱でものすごくアツいです! 今日はみなさんとひとつになって最後まで楽しく盛り上がっていきたいと思います。みんなよろしくーっ!」と叫び、観客と一体となってライブを盛り上げた。

今回のライブは「TIME」ツアーのメニューを基本にしつつ、中盤には彼らの本格的なアジア進出の起点となったヒット曲「“O”-正・反・合」を加えたり、チャンミンがソロ曲でギターをプレイしたりと、この2日間だけの特別なパフォーマンスも盛り込まれた。
また、アンコールでは9月4日に発売されるニューシングル「SCREAM」がライブ初披露された。

最後のMCでは、チャンミンが「“楽しかったです!”と言うことしかできないのが悔しいくらい、楽しかったです!」と笑顔でコメント。公演前に「5大ドームツアーは僕たち東方神起の夢、日産スタジアム公演はファンのみんなとの夢」と語っていたユンホは、「このステージに立っていることが夢のよう。ここにいるみなさんと新しい歴史を作れた気がして本当に幸せでした。みなさんがいるからこそ、僕たちがいる。本当にみなさんありがとう」と感謝を述べた。

ラストの「Somebody To Love」を歌い終えて最後の挨拶をしたあと、ユンホが客席に「We Are…」と投げかけると、72,000人が割れんばかりの声で「T(ティー)!」と絶叫。その声を合図にステージ後方から数百発の打ち上げ花火が盛大に打ち上げられた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top