EXILE TRIBE、筋力トレーニング語る「HIROさんが一番」

左から数原、白濱、関口、ELLY、今市

海外ドラマ「ARROW / アロー」の日本初上陸を記念した記者発表会が20日、都内で行われ、日本版テーマソングを提供したEXILE TRIBEから三代目J Soul Brothersの今市隆二とELLY、GENERATIONSの白濱亜嵐、数原龍友、関口メンディーの5人が出席した。


「ARROW / アロー」はDCコミックス「グリーン・アロー」を実写化した痛快ヒーロー・アクション。今回、ドラマのブルーレイ&DVD発売のテレビCMや、9月から放送される海外ドラマ専門チャンネルAXNでのエンディングにEXILE TRIBE(三代目J Soul Brothers VS GENERATIONS)の楽曲「BURNING UP」が使用される。

イベントには5人揃ってタキシード姿で登場。ELLYは「昨日テレビを見ていたら(楽曲が使われた)CMが流れて、びっくり。超いい感じだなと思った。自分たちの楽曲で作品を盛り上げられたらいい」と語った。
AXNのエンディング映像を見た白濱も「この『BURNING UP』と『ARROW』がすごくマッチしていて、次がまたすぐ見たくなる」と絶賛していた。

ドラマの主人公のキャラクターにちなみ、「2つの顔を持っている人は?」という質問にGENERATIONSの3人は「ステージに立つときにスイッチが入る瞬間がある」と今市を指名。反対に三代目J Soul Brothersの2人は関口の名前を挙げ、「(関口)メンディーはああ見えて日焼けサロンで焼いてるんです。本当は白いんです」と暴露。さらに「英語も喋れない」「勉強してるけど発音が下手」と見た目とギャップのあるキャラを4人からいじられていた。

また、イベントでは5人によるダーツ対決も実施。見事15のダブルに射した関口が優勝し、オリジナルアロー(矢)が贈呈された。

イベント後に行われた囲み取材では、普段のトレーニングについて聞かれ、「EXILEの皆さんがやられている体幹トレーニングを毎朝やらせてもらっています。」(関口)、「ボーカルはパフォーマーとつける筋肉が違ったりするので、僕は走ったりバイク漕いだり有酸素運動を中心に」(数原)「僕はベンチプレスをやりますね。寝転びながら重りを上げるやつを」(白濱)とそれぞれ自分のトレーニング法を説明。
「心の中では自分が一番いい体だと思ってる?」と聞かれた関口は、「いや、思わないです。HIROさんが一番なんで」と即答。今市も「負けたっというか、追いつかなきゃって思います」といい、HIROの鍛え上げられた体について「今ツアー中なのでバッキバキです。ベストパフォーマンスができるように、筋肉がただ付いているとかじゃなくて、パフォーマンスを持続させる筋肉をつけている感じ」と絶賛していた。

※写真はクリックで拡大後、←→キーで前後の写真へ移動できます。

海外ドラマ「ARROW/アロー <ファースト・シーズン>」DVDは8月21日発売&レンタル開始。
海外ドラマ専用チャンネルAXNにて9月7日(土)21時より一挙放送、9月22日よりレギュラー放送スタート。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top