ソフィア・コッポラ、約3年ぶり来日決定 最新作『ブリングリング』12/14(土)日本公開

ベネチア国際映画祭金獅子賞やアカデミ賞脚本賞はじめ、数多くの賞に輝いたソフィア・コッポラ監督の最新作『ブリングリング』(原題: The Bling Ring)の日本公開日が12月14日(土)に決定。

さらに本作の監督・脚本をつとめるソフィア・コッポラが、プロモーションのため2年11ヶ月ぶりに来日することも決定した。

本作は、無軌道なティーンがパリス・ヒルトン、オーランド・ブルーム、リンジー・ローハンなどハリウッドセレブの家に強盗を繰り返し続け、被害総額3億円にのぼると言われている、ロサンゼルス・ハリウッドで実際に起こった事件をベースに描いたセンセーショナルな物語。
5月に行われた第66回カンヌ国際映画祭において、<ある視点部門>オープニング作品として上映され、レッドカーペットにはソフィア・コッポラ監督をはじめとするキャストが登場し、注目を集めた。

窃盗団のメンバー5人のティーンを演じるのは、『ハリー・ポッター』シリーズでお馴染みのエマ・ワトソン。優等生から一変、本作ではハメを外しまくるティーンを演じている。さらにアカデミー賞にノミネートされたことのある女優ヴェラ・ファーミガの末の妹で「アメリカン・ホラー・ストーリー」第1シリーズにレギュラー出演したタイッサ・ファーミガ。ロブ・ライナーの『Flipped』(原題/日本公開未定)に出演のイズラエル・ブルサール、そして新人クレア・ジュリアン、ケイティ・チャンとフレッシュな顔ぶれが揃った。

また、実際の被害者であるパリス・ヒルトンはロケ場所として自宅を提供、かつて見たことのないゴージャスなクローゼットを披露している。ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ルブタンなど、ラグジュアリー・ブランドのおびただしいアイテム、カニエ・ウェスト、M.I.A.らの音楽、さらにはSNSやゴシップサイトの写真までもがミックスされた映像は、キラキラとまぶしく、でも残酷ではかない、少女たちの光と影を鮮烈に焼きつけた、まさに今のソフィア・コッポラにしか撮れない究極の青春映画となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top