阿部サダヲ&竹野内豊、ニューヨークで“わき毛ボーボーダンス”

宮藤官九郎(脚本)、阿部サダヲ(主演)、水田伸生(監督)の3人によるコメディ映画「謝罪の王様」のニューヨークプレミア上映会が行われ、本作で主演を務める阿部サダヲと、超一流国際弁護士を演じる竹野内豊が出席した。

ニューヨークで阿部と竹野内は、本編の中に物語のキーとして度々登場する“わき毛ボーボーダンスの自由の女神ポーズ”を、実際の「自由の女神」の前で敢行。さらに、タイムズスクエアやブルックリン橋といったニューヨークの名所と呼ばれる各所で、マンハッタンの景色を背景に“自由の女神ポーズ”を披露した。
阿部は「本当にニューヨークに来て、自由の女神と一緒にポーズをとるなんて台本を読んだ時点では考えていなかったのでびっくりしています。この映画がなかったら一生ニューヨークに来る機会はなかったかもしれないので嬉しいです」とご満悦。

プレミア上映会はリンカーンセンター敷地内の「Bruno Walter Auditorium」で実施。上映前には阿部&竹野内も舞台に登壇し、英語でスピーチを行った。
阿部は「今回が初ニューヨークなのですが、こうしてここに来ることができて嬉しいです。スタッフに英語で話すように言われたんですけど… ごめんなさい、英語は話せません。大変、申し訳ございません!!」といって土下座し、ニューヨーカーたちがつめかけた会場を湧かせた。

上映後のティーチ・インでは日本独自といわれている「謝罪文化」に興味津々のニューヨーカーから、阿部サダヲ・竹野内豊が思う日本カルチャーとアメリカのカルチャーの違いについての質問が飛び出すなど、お互いの文化についてディスカッションする場面も。
竹野内は「ニューヨークに来て、謝罪文化が受け入れられるのかが心配でしたが、一体となって観れたことが本当に嬉しかったです。笑いのポイントも日本人とは違うのも面白かったですね」といい、「日本では土下座って本当に申し訳ないときの他にも尊敬の意を表す意味もあると思うんです。僕は謝る土下座はしたくないですね。謝ることって一番難しいことだと思うんですよ。逆に傷つけてしまうときもある。だからなるべく謝らなくて済むように生きていけたらいいですね」と語った。
最後は会場にいる全員が“わき毛ボーボーダンス”で一体になり、日本のコメディがニューヨーカーに温かく受け入れられた一日となった。

映画「謝罪の王様」は9月28日より全国東宝系で公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top