柳沢慎吾×藤森慎吾、“ダブル慎吾”で即席コンビ結成

DSC_1753

お笑いタレントの柳沢慎吾とオリエンタラジオの藤森慎吾が9日、ユニバーサル映画最新作『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』(10月18日公開)のPRイベントに登場した。

映画は、成仏できないゴーストたちを取り締まるあの世の組織“R.I.P.D.”の物語で、任務中に殉職して組織にスカウトされた天才刑事が、19世紀の英雄ガンマンとコンビを組み、悪霊たちからこの世もあの世も救う異色のアクション超大作。
全くタイプの違う2人が、困難を乗り越えるたびに信頼を深め、最高のコンビとなってさらなる陰謀に踏み込んでいく痛快な物語にちなんで、刑事ネタでお馴染の柳沢慎吾と、正反対のチャラ男・藤森慎吾が今回“R.I.P.D.日本支部”エージェントに就任した。

柳沢慎吾は本作の主人公の一人、ロイに成りきったロングコートにカウボーイハット姿で登場。
柳沢が意気揚々とオフィスでエージェントになりきっていると、今日からゴースト・エージェントとしてコンビを結成する事となった相棒、藤森慎吾も姿を見せる。
しかし、少し遅れて現れた藤森に対して柳沢は「新人のくせに遅いじゃねーか!!」と、着いて早々不満な様子。
やがて柳沢は映画にちなんだ警視庁ネタを始め、それに巻き込まれるように、藤森も持ちネタである武勇伝ネタを披露。二人の息の合った掛け合いの様子に、会場からは笑いが起こっていた。

二人の絆が深まった所で、コンビ名の発表へ。二人の名前の含んだコンビ名「シンゴ24時」が発表され、藤森が「24時間コンビであり続け、ゴースト退治を頑張るという意味がこもってます!」と語ると、柳沢は「俺、ずっと起きてるの大好き!」と、相変わらずのハイテンションで答えていた。

最後に新コンビ結成を記念して、婚姻届けならぬコンビ届けが登場。二人は書面にサインを行うが、柳沢が勝手にハートを書き足すなどし、会場からは大爆笑が。マスコミが見守る中、二人はコンビ愛を貫く事を誓った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top