市橋達也の逃亡劇を描いた映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」ビジュアル初公開

ICHIHASHI_ポスター

決して許されることのない事件を起こした殺人犯の2年7ヶ月に及ぶ逃亡の軌跡を描いた映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」のポスタービジュアルが解禁された。



本作は実際に起きた、イギリス人女性殺害事件の犯人・市橋達也自身による手記をもとに映画化した、圧倒的なリアリティとサスペンスがみなぎる実録ドラマ。謎に包まれていた空白の逃亡期間の真実が明かされる。

アカデミー外国語映画賞に輝いた『おくりびと』『闇の子供たち』を世に送り出した中沢敏明プロデューサーが、この野心的かつ困難なプロジェクトのメガホンを託したのは、台湾で活躍する日本人俳優・ディーン・フジオカ。日本人でありながら、日本を俯瞰的に見る独特の感性、考え方を持つディーンが、今回監督・俳優の両役を務める。

「この事件を犯人と同世代の切り口で、日本国外からの視点で描いて欲しい。」エグゼクティブ・プロデューサーのそんな言葉から、日本デビュー作で初の監督業にも挑戦することになったというディーンは、「人は日々壁にぶつかり、乗り越える努力をし、結果がどうであれ教訓を学ぶ、それが人生。出演オファーを受けこの事件を知った当初にふと考えた”What if…” それは『どこかで壁から逃げていたら、もしかしたら自分も市橋のようになっていたのかも知れない』という仮説。誰でも犯しかねない過ちを決して犯さない為にも、その恐さを描きたかった」と語っている。

本日解禁されたポスタービジュアルは、ディーン演じる市橋達也の姿が衝撃的なキャッチコピーとともに映しだされたものとなっている。

映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」は、映画館上映や同時配信など、複合メディアにて展開される「1000taku」プロジェクトの作品のひとつとして、11月6日よりネット配信開始。11月9日より全国109シネマズ、新宿ミラノでロードショー。(109シネマズ港北を除く)

『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』


■監督・主演・主題歌 ディーン・フジオカ 
■エンディング・テーマ「My Dimension」DEAN FUJIOKA
■原作:「逮捕されるまで〜空白の2年7ヶ月の記録〜」市橋達也(幻冬舎文庫刊)
■配給:セディックインターナショナル 電通/配給協力:マンハッタンピープル
カラー/ヴィスタサイズ/ドルビーデジタル/(C)2013「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」製作委員会/PG12
ichihashi-movie.jp



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top