東京女子流、BLITZ最終ライブで「はなかっぱ」タイアップ曲を初披露

5人組ダンス&ボーカルグループ・東京女子流が23日、横浜BLITZにて定期ライブ2公演を開催した。

この日の2公演目は「TGS Discography」と題し、東京女子流が制作番号順に付けているナンバーの“TGS23”「大切な言葉」から25日発売の最新シングル曲まで14曲を順番に歌唱。
25日発売のニューシングル「Get The Star / Last Forever」は、東京女子流のメンバー自ら作詞に挑戦。作曲はロックミュージシャンでありLUNA SEAのベーシストのJ。制作にagehaspringsという組み合わせの楽曲を、数々のアーティストプロデュースの実績のある近藤ひさし氏がプロデュース。同グループのこれまでの楽曲とはまったく異なるアプローチで制作された注目のシングル。
「Get The Star」では会場全体が盛り上がり、「Last Forever」ではしっとりとファンのペンライトが揺れた。

さらに「新曲をこれから披露したいと思います」というMCより、リーダー・山邉未夢から「はなかっぱのエンディングテーマ3回目が決まりました!」と説明があり、 “TGS37” となる新曲「ちいさな奇跡」が初披露された。
東京女子流がNHK Eテレ アニメ「はなかっぱ」のエンディングテーマを担当するのは、2010年の「おんなじキモチ」、2012年の「大切な言葉」に続いて3回目。9月30日放送回より、同番組のエンディングに使用される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top