安藤裕子、大泉洋主演映画『ぶどうのなみだ(仮)』ヒロイン役に

シンガーソングライターの安藤裕子が、2014年秋公開予定の映画『ぶどうのなみだ(仮)』にヒロイン・エリカ役で出演することがわかった。

本作は北海道を舞台にした映画で、主演に北海道出身の大泉洋を迎え、その弟役を染谷将太が演じる。
安藤が演じるエリカは、北海道、空知でワイナリーを営む兄弟アオ(大泉洋)とロク(染谷将太)の前に、ある日突然現れる不思議な女性。キャンピングカーでいろいろな土地を旅しているが、いつしかアオとロクの住む町に馴染み、ふたりの心を揺り動かしていくのだが・・・という役どころ。

デビュー前に役者業の経験もあり、2000年に放映されたTBSドラマ「池袋ウェストゲートパーク」等に出演したこともある安藤は、「昔私が憧れて諦めた映画の世界。今回撮影に参加して、それはもう諦めた理由も、憧れた理由も思い出しました。」と語る。
撮影現場で出演者や制作スタッフたちに「なぜ映画の仕事を続けるのか?」と聞いて回ったようで、「他にできることもないしと言った後、多くの人が映画が好きだからと言っていたのが印象的でした。私も映画が好きだと自信を持って言えるよう、ガムシャラに走るのみです。」と決意を新たにしている。

共演する大泉洋は安藤の印象について「凄くナチュラルで普通の雰囲気を持っていながら、カメラの前に立つと息を飲むほど美しく鮮烈な印象を残す。撮影の合間に古い沖縄の歌をふと口ずさんだ彼女の歌声に一瞬で心を掴まれました。か弱いようでも、どこかに強さも感じさせるその歌声は彼女の演技と同じなんだと思いました。」とコメントしている。

『ぶどうのなみだ(仮)』


出演:大泉洋 安藤裕子 染谷将太
監督・脚本:三島有紀子『しあわせのパン』
企画:鈴井亜由美 プロデュース:森谷雄 プロデューサー:岩浪泰幸 
制作:ディーライツ 
製作:『ぶどうのなみだ(仮)』製作委員会(アスミック・エース、クリエイティブオフィスキュー、アミューズ、パルコ、スペースシャワーネットワーク、アットムービー、ウエス、北海道アルバイト情報社、北海道テレビ、ローソンHMVエンタテイメント、北海道新聞社、エフエム北海道、エアジーワークス)
配給:アスミック・エース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top