平井堅、話題のCMソングを配信リリース 過去の全楽曲も配信決定

平井堅_桔梗が丘_配信アー写_web

平井堅が前作シングル「告白」から約1年半ぶりとなる、新作「桔梗が丘」を自身初の配信限定ソングとしてリリースすることが決定した。


本作は昨年10月から全国でオンエア中のミサワホームTVCMソングとして反響を呼び、すでにLIVEなどでファンから高い支持を得ている。
楽曲のタイトルになっている「桔梗が丘」は、平井堅の実際の故郷の地名。自身では初めて親の目線で綴った、誰もが経験したことがある心温まる心象風景を描いた郷愁感溢れる楽曲だ。
また、プロデュース・アレンジには大橋トリオを迎え、大橋トリオ特有の緩やかさと温かみを帯びた優しいバラードに仕上がっている。

本作について平井堅は、「今回楽曲制作のお話を頂いて、改めて『家族』について考えました。まだ自分の家庭を持っていない僕にとって、ふるさと「桔梗ヶ丘」が帰る場所であり、家族の象徴です。肩を落とし、玄関のドアを開けた時、母の「おかえり」が悲しみを和らげる絆創膏だったあの頃。そんな心象風景を歌にしました。この曲が、みなさんの心の絆創膏になれば幸いです」とコメントしている。

配信限定ソング「桔梗が丘」は2013年10月23日配信スタート。
さらに、この配信リリースのタイミングに合わせてiTunes Storeで平井堅の今までの全シングル、全オリジナルアルバムに収録されている楽曲とシングル表題曲のミュージックビデオの配信が一斉にスタートすることも、あわせて発表された。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top