絢香、岩井俊二監督作でCM初出演 CM曲も書き下ろし

シンガーソングライターの絢香が出演する「ネスレ キットカット」の新CM“キットカット 40周年「ありがとう」篇”が、10月4日より全国でオンエアされる。

絢香は本作品がCM初出演。CMソングには絢香が書き下ろした新曲「ありがとうの輪」が使用されている。
さらに、数々のヒット映画を生み出した岩井俊二が監督を務め、独特の映像美であたたかなストーリーを表現。
絢香の伸びやかな歌声とストレートな歌詞が、日常の中の「ありがとう」が生む幸せを表した映像とマッチし、周囲の人たちに「ありがとう」を伝えたい、という気持ちを後押しする内容となっている。

初めてのCM撮影を終えた絢香は「すごく楽しかったです。自分のMVの撮影とはまた違った緊張感もあり、その緊張感を楽しませてもらいました」と振り返る。
公園での撮影ではちょうど昼休みの時間だったため、振り返ると高校生やスーツを姿の人々が何十人も撮影を見学していてビックリしたというエピソードも。「でも天気がすごく良くて、風が気持よくて、撮影なのにリフレッシュ出来ました。その気持よさがCMにもしっかり映り込んでいるんじゃないかな」と、充実感をにじませた。

岩井俊二監督とは、撮影とは全く関係のない話で盛り上がることが多かったという絢香。最初に会ったときは「あれ?ちょっと怖い…!?」という緊張感があったようだが、話し始めると全然そんなことはなく、「とにかく柔らかい雰囲気をまとっていらっしゃるので、緊張することもなく、リラックスして撮影できたのは岩井監督のおかげです」と感謝していた。

“キットカット 40周年「ありがとう」篇”は、10月4日よりオンエア。
なお、CMソングとなっている絢香の新曲「ありがとうの輪」も同日の4日から「レコチョク」にて配信開始。9日からiTunesほかでも配信スタートする。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top