スパガ&チキパら、サンリオピューロランドを全館ジャック

SUPER☆GiRLS&Cheeky Parade

SUPER☆GiRLSをはじめとする、avexのアイドル専用レーベルiDOL Streetの所属メンバー約60名が5日、人気テーマパーク「サンリオピューロランド」を全館ジャックした。


今回iDOL Streetは、2014年に誕生40周年を迎えるハローキティをはじめ、人気キャラクター達と様々な企画でコラボレーションを展開。まずは、館内のいたるところにiDOL Streetのメンバーがスタッフに扮して登場した。
さらに、SUPER☆GiRLSのメンバーらがサンリオハートフルパレード「Believe」に参加し、キティちゃんをはじめとする人気サンリオキャラクター達と共に豪華なパレードを披露。
また、「PREMIUM LIVE」では、SUPER☆GiRLSの7thシングル「常夏ハイタッチ」歌唱時にキティちゃんがステージに登場し、メンバーと一緒にダンスを踊った。

ライブ前には会見が開かれ、“全館ジャック”の感想を聞かれた前島亜美は、「貸切以外での“全館ジャック”は史上初めてということで、歴史に名を刻めてすごく嬉しいです!」と満面の笑顔。好きなサンリオキャラクターは?という質問に、リーダーの八坂沙織は「マイメロディです!キティちゃんも大好きなので、キャラクター人気投票では、携帯電話を2台駆使してキティちゃんとマイメロディちゃんに投票しました!」とサンリオ愛を語った。

また、イベントではSUPER☆GiRLSが12月4日に3タイトル同時で8枚目のシングルをリリースすることが発表された。テーマは「リスペクトスター」。3ユニットにわかれ、70年代、80年代、90年代のアイドルソングをカヴァーするという内容。
70年代は「キャンディマキアート from SUPER☆GiRLS」として田中・溝手・後藤が「年下の男の子」をカヴァーし、80年代は「前島亜美 from SUPER☆GiRLS」として前島亜美が「センチメンタルジャーニー」をカヴァー。
90年代は「トゥインクルヴェール from SUPER☆GiRLS」として八坂・志村・渡邉・宮﨑・勝田・荒井が「ジン ジン ジングルベル」をカヴァーする。
前島は「今回は3タイトル同時リリースというチャレンジです。ファンの皆さんには、笑顔・元気・希望・そして夢を与えられるような、最高の“お・も・て・な・し!” おもてなしが出来るように頑張ります!」と、元気いっぱいに意気込みを語った。

また、12月22日に東京ドームシティホールでiDOL Streetメンバー総出演のライブを行う予定であることも発表。
八坂は「今年はデビュー記念日である12月22日に東京ドームシティで年内最後のライブを行います! iDOL Street全員で出演致しますので、ぜひ楽しみにしていてください!」と抱負を述べた。

イベントにはSUPER☆GiRLSのほか、Cheeky Parade、GEMらが参加。Cheeky Paradeはクロミちゃんとのコラボステージを披露し、リーダーの関根は「11月27日には私たちの初のアルバム『Cheeky ParadeⅠ』がリリースされますので、ぜひチェックしてください!」とアピールしていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top