唐沢寿明、バトンに感激「車の世界って本当に面白い」

俳優の唐沢寿明が9日、都内で行われた「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME(ジャパン・モーター・レーシング・ホール・オブ・フェイム)2013」の授賞式に出席した。

「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME」は、LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社 タグ・ホイヤー ディヴィジョンにより2011年に開設された、日本のモータースポーツをはじめ、自動車産業や自動車文化などの分野で多大なる貢献を果たしてきた功労者を表彰するアワードで、今年で3回目を迎える。

唐沢は今回、自動車文化人部門で受賞。プレゼンターを務めたF1レーサーのジェンソン・バトンから記念の盾を手渡された。
壇上で唐沢は「車の世界って本当に面白いなと思います。こうやってジェンソン・バトンさんにお会いできたり、車を通じてたくさんの方とお会いできたり、友達もいっぱいできますし、思い出もいっぱいできる。ただ車が好きで、趣味だけでこういう広がりができるということが僕にとっては重要です」と受賞を喜び、「これからもこの趣味をやり続けて、若い人たちやあまり興味がない人たちにも興味を持っていただけたら嬉しい」と語った。
唐沢は熱心な自動車愛好家として知られ、ヒストリックカーの上質なコレクションを持つ一方、自らのドライビングで積極的に各種ラリーイベントにも参加。また、国内A級ライセンスを取得してサーキットレースにも参加するなど、大衆への自動車文化の流布に大きく貢献した。

そのほか、レーシングレジェンド部門を元レーシングドライバーの高橋国光氏、ヤングホープ部門をレーシングドライバーの佐藤公哉氏、デザイナー部門をカーデザイナーの児玉英雄氏、モーターレーシングワールド部門をアマチュアドライバーであり「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」のオーナーでもある元国会議員の中村正三郎氏が受賞。
また、昨年の受賞者であり今年の選考委員を務めた堺正章はスケジュールの都合で途中参加となったため、唐沢のプレゼンターを務められなかったことをお詫びし、「バトンにバトンタッチ」と得意のジョークを披露して会場を和ませていた。

JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME 2013 受賞者


モーターレーシングワールド部門受賞 中村正三氏
レーシングレジェンド部門受賞 高橋国光氏
ヤング・ホープ賞 佐藤公哉氏
デザイナー部門受賞 児玉英雄氏
自動車文化人部門受賞 唐沢寿明氏

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top