吉高由里子・松田龍平ら「第5回TAMA映画賞」受賞

第5回TAMA映画賞の受賞作品と受賞者が発表された。
TAMA映画賞は、毎年多摩市で開催される映画祭「TAMA CINEMA FORUM」に創設された映画賞。

「日本で最も早い映画賞」がモットーで、前年10月から当年9月に劇場公開された作品が対象となる。
多摩市及び近郊の市民からなる同映画祭の実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる 活力溢れる“いきのいい”作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。

注目の最優秀作品賞には、大森立嗣監督の『さよなら渓谷』と沖田修一監督の『横道世之介』が輝いた。
最優秀男優賞は、『舟を編む』『探偵は BAR にいる2』『北のカナリアたち』に出演した松田龍平が受賞。最優秀女優賞は「尊厳を傷つけられながらも生き抜く女性の姿を繊細かつ豊かな表現力で演じきった」として真木よう子(『さよなら渓谷』ほか)と、「かけがえのない日々を振り返る姿に、時の重みと成長を鮮やかに体現した」として吉高由里子(『横道世之介』『真夏の方程式』)が選出された。

そのほかの受賞者は以下のとおり。授賞式は11月23日にパルテノン多摩にて開催される。

第5回TAMA映画賞


最優秀作品賞:
『さよなら渓谷』(大森立嗣監督、及びスタッフ・キャスト一同)
『横道世之介』(沖田修一監督、及びスタッフ・キャスト一同)
特別賞:
原恵一監督、及びスタッフ・キャスト一同(『はじまりのみち』)
大根仁監督、及びスタッフ・キャスト一同(『恋の渦』)
最優秀男優賞:
松田龍平(『舟を編む』『探偵は BAR にいる2』『北のカナリアたち』)
最優秀女優賞:
真木よう子(『さよなら渓谷』『そして父になる』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』『つやの夜』)
吉高由里子(『横道世之介』『真夏の方程式』)
最優秀新進監督賞:
中野量太監督(『チチを撮りに』)
白石和彌監督(『凶悪』)
最優秀新進男優賞:
星野源(『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』『聖☆おにいさん』)
池松壮亮(『横道世之介』『上京ものがたり』)
最優秀新進女優賞:
黒木華(『シャニダールの花』『舟を編む』『草原の椅子』)
刈谷友衣子(『シャニダールの花』『中学生円山』『鈴木先生』)

※写真は昨年の授賞式
121123TCF12

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top