三谷幸喜監督、約2年ぶりにツイッター再開

三谷幸喜監督

11月9日に最新作『清須会議』の公開を控えている三谷幸喜監督のツイッターが約2年ぶりに復活した。


三谷監督は、2011年公開の前作『ステキな金縛り』の公開前にツイッターを始め、映画の話から趣味の話、日々感じた事などをつぶやき、そのツイートは約1ヶ月半の間に約7万人のフォロワーに読まれた。

そして、「ステキな金縛り」公開日の2011年10月29日に「僕の呟きはこれでおしまいです。皆さん、付き合ってくれて、どうもありがとう。今後、言いたいことがある時は、作品を通じて大声で叫ぶことにします。『ステキな金縛り』、ぜひ観て下さいね。今夜はやっぱり眠れないので、『お熱いのがお好き』を観ることにしました。」というツイートを最後に休止した。

三谷監督のツイッターは「お久しぶりです。本日より復活。期間限定。映画『清須会議』公開の日まで、よろしくお願いします。」というツイートで再開。
プロフィールも変更され、平家物語の冒頭を引用した自己紹介から「今から古を見るのは、古から今を見るのと少しも変わりはないサ」と勝海舟の言葉を引用したものになった。

映画『清須会議』は、織田信長亡き後、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に、日本史上初めて“会議で歴史が動いた”と言われる「清須会議」がテーマ。日本映画界を代表する豪華絢爛なオールスターキャストを迎え、その時代を必死にそして懸命に生きた人々の可笑しくも愛おしい姿を描く群像劇。

三谷幸喜Twitter
@mitanikoki



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top