板野友美、卒業してから「オシャレをサボりがち」

131013itano15

AKB48の板野友美が13日、自身の写真集発売を記念した握手会を開催し、イベント前に報道陣の取材に応じた。


板野は9月20日に『板野って、オシャレなの!? 〜とも、ついにみせちゃいます〜』、9月30日に『ともちん』の2冊を発売。
『板野って、オシャレなの!?』では約1年半にわたって撮り溜めた私服姿を公開。本人が「形に残したかったから、今までは私服をブログに載せなかった」と語る念願の一冊。「今も撮ってますよ。もしかしたら2冊目を出すかもしれないと思って」と野望もちらつかせる一方、「メンバーに会わなくなって若い女の子のファッションを目にする機会が減った」といい、「マネージャーくらいしか会わないからオシャレをサボってしまいがち。デニムにTシャツでいっかなって」と笑っていた。
一方の『ともちん』は、8年間アイドル板野友美を応援してくれた人へむけた卒業記念写真集。AKB48劇場や湘南といった本人の思い出深い地で撮影されたラスト水着、ラスト制服姿のほか、AKBの思い出話なども収められている。

今年8月にAKB48を卒業し「もう1〜2年くらいたった気持ち」という板野は、「昨日も(前田)敦子と会いました」と、AKBメンバーたちとの交流は続いている様子。先日、前田の歌舞伎俳優・尾上松也との熱愛が報じられた件について聞かれると「その辺は話してないですよ。別にそんなガールズトークとかはしないです」とキッパリ。記者から「本当に?」と突っ込まれると、「でも敦子に限らず卒業したメンバーは恋愛解禁なので恋愛するなら応援したいなと思います」といい、自身の恋愛については「いい人がいたら」と笑顔で語った。

最近は「ボイトレ行ったり、ジム行ったりしてます」という板野。今後は「ソロでは東京と大阪くらいでしかイベントとかしたことないので、いろんなところに行ってライブがしたいです」と意欲を覗かせた。

なお、イベントには約1300人のファンが参加。取材に訪れたメディアは約50媒体と依然として注目度の高さを伺わせた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top