真木よう子『BUDDHA2』で王子役に挑戦

アフレコ収録

女優の真木よう子が、手塚治虫の名作マンガ「ブッダ」をアニメ映画化した『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』に声優として参加していることがわかった。


今回真木が挑戦するのは、自らの出生問題でシャカ国とその王子・シッダールタに復讐を誓うコーサラ国の若きルリ王子。今まで韓国ドラマの吹き替えやTVアニメやアニメ映画の女性キャラクターでの声の出演はあったものの、王子という男役に本作で初挑戦する。
真木自身いつかは少年役を演じてみたいと思っており、監督を含む制作サイドも直接本人と話してみて、真木の声質が少年役に向いていると感じたことから、今回の出演が決まった。

本作は手塚治虫が独自の解釈で10年の歳月をかけて描いた「ブッダ」を全3部構成でアニメ映画化するシリーズの第2弾。何不自由のない王子という身分を捨てたシッダールタと行く先々で出会った人々との物語が壮大なスケールで展開する。
なお、本作の声優としてはすでに、吉永小百合、吉岡秀隆、松山ケンイチ、観世清和(能楽観世流二十六世家元)、水樹奈々、笑い飯・哲夫ら豪華キャストが発表済み。

真木は今回の出演について「いつか少年の声の役をやってみたいという願望があり、今回は本当に待望と言ったらおかしいですけれど、すごく嬉しかったです。声優の仕事はあまり経験がないので、自信がなかったんですが、大好きな手塚治虫先生の原作という事で挑戦してみたいという気持ちがあって受けさせていただきました。」と経緯を説明しており、演じたルリ王子については「自分の母親が奴隷だったということで、彼がしがみついていたものが権力でしかなく、だけれども本当は母親への愛情というものを誰にも言えずに、葛藤し続けても逃げ出さずに強く生きるところに魅力を感じました。」と語った。

真木よう子が新たに加わった豪華キャスト陣が贈るシッダールタの終わりなき冒険の物語『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』は2014年2月8日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top