生田斗真主演、豪華キャスト集結の「土竜の唄」ローマ国際映画祭出品

三池崇史監督生田斗真主演・三池崇史監督作品『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』が、イタリアの首都ローマで開催される第8回ローマ国際映画祭のコンペディション部門に出品されることが決定した。

本作は2005年に連載を開始以降これまで単行本37巻を既刊・累計400万部突破の高橋のぼるによる漫画『土竜の唄』(「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中)を原作とし、監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真という3つの才能が結集して映画化が実現した話題作。
落ちこぼれの警察官が潜入捜査官‘モグラ’として犯罪組織に潜り込み、ターゲットを挙げるために悪戦苦闘していく姿をコミカル且つスリリングに描く本作には、“金髪・童貞”の主人公・菊川玲二を演じる主演・生田斗真を筆頭に、堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔ら豪華キャストが出演する。

生田は「三池崇史監督とローマに殴り込みです。たまりません。僕自身、映画祭に参加させて頂くのは国内外でも初めての事で、とても興奮しています。ローマの方々に「土竜の唄」の世界観、男気をバッチリと見せつけ、生田ローマになって帰ってきます!ローマばっちこーい!! 親父ギャグばっちこーい!!」と冗談を交えつつも気合充分。

三池監督は「とんでもない映画が出来上がってしまった…… ローマ映画祭のコンペに選ばれてしまった…… 生田斗真と参戦する事が決まってしまった…… ヤバイな。上映が始まったとたんに、ローマの観客が慌てふためき鼻血ブーしながら笑い転げる姿を見るのを今から楽しみにしています」と期待を語った。

今年8回目を迎えるローマ国際映画祭は、イタリアを代表する建築家レンゾ・ピアノによって設計された文化複合ホール「オーディトリウム・パルコ・デッラ・ムジカ」にて、2013年11月8日から17日まで開催。コンペティション部門に出品される作品は、ワールド・プレミアとなる16本の長編作品。映画に限らず幅広い分野で活躍する7人の国際審査委員により、映画祭の最終日に各賞が授与される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top