秦 基博、3年ぶりのフリーライブ開催 セルフセレクションアルバム発売記念

ミュージシャンの秦 基博が16日、初のセルフセレクションアルバム『ひとみみぼれ』の発売を記念して、ゲートシティ大崎にてフリーライブを行った。秦がフリーライブを開催するのは、2010年10月に3rdアルバム『Documentary』リリース時に大阪で実施して以来、約3年振りとなった。

当日は悪天候にもかかわらず会場は2,500人のファンで満員に。大歓声のなかステージに登場した秦は、早速『ひとみみぼれ』に収録されている「鱗(うろこ)」の弾き語りからライブをスタートさせ、「どーも秦 基博です!凄く沢山集まってくださり、ありがとうございます!!今日は『ひとみみぼれ』リリース日ということでフリーイベント、タダです(笑)。でも歌は変わらず全力で歌いますので宜しくお願いたします!!」と、オーディエンスに向けて挨拶した。

MCでは「今回の“セルフセレクション・アルバム”とはですね、自分で今までで70曲くらい制作しておりまして、その中から16曲、CMやラジオで流れていた曲などを中心に、秦 基博の“いいところ”を僕が選びました(笑)。新録の曲もあって現在の秦まで入っています。」とアルバムを紹介し、新曲の「スプリングハズカム」、そして同日アナログ盤がリリースされた「Girl」を披露した。

「今回これだけたくさんの方に集まっていただき、こうやって直に歌を届けることができて、初めて見る方にも『ひとみみぼれ』して帰って貰えたら嬉しいです。このアルバムのコンセプト上、“歌”とか“声”にスポットをあてていたりもするんですが、その中でシンプルな形で聞いて貰った方が良いと思って、“弾き語りVersion”で収録した「アイ」を聴いてください。今日は皆さん本当にありがとうございました!」と、最後に感謝の気持ちを込めて、弾き語りによる「アイ」を披露。場内を感動の渦に包みライブを締め括った。

秦は今後、12月9日・10日に神戸国際会館こくさいホール、12月17日と18日にパシフィコ横浜国立大ホールで4日間限定のスペシャルライブを開催し、2013年を締めくくる予定となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top