豪華ゲストがグリーンカーペットに登場 第26回東京国際映画祭、華やかに開幕

アジア最大級の映画祭「第26回東京国際映画祭」が17日に初日を迎え、本映画祭のメイン会場となる東京・六本木ヒルズでオープニングセレモニーが行われた。

グリーンカーペットのトップバッターには本映画祭のフェスティバル・ミューズを務める栗山千明が登場。フェスティバル・ナビゲーターの斉藤工と山崎紘菜が続いた。
さらに『潔く 柔く きよくやわく』から長澤まさみ、『すべては君に逢えたから』の玉木宏、『オー!ファーザー』から岡田将生と忽那汐里、『清須会議』の三谷幸喜監督と役所広司、そしてコンペティション審査員を務める寺島しのぶら豪華ゲストが続々とカーペットに登場し、イベントを華やかに彩った。

本映画祭には海外からも大物ゲストが来日。
映画監督のソフィア・コッポラは全身ルイ・ヴィトンのコーディネートで登場。父親で巨匠のフランシス・フォード・コッポラ、そして母のエレノア・コッポラも同伴し、貴重なスリーショットの実現に会場は大いに湧いた。
グリーンカーペットを歩き終えたソフィア・コッポラ監督は「初めての東京国際映画祭を父と歩けて楽しかったです。日本のファンがクレイジーなくらいの熱狂ぶりで迎えてくれて、そのことに胸がいっぱいです。」と興奮気味に語った。
また、フランシス・フォード・コッポラは、彼自身のファンも多く来ていることに対し、「とても光栄ですし、映画ファンがこんなにいてくれることを嬉しく思います」と笑顔で答えていた。

終盤には4年ぶりの来日を果たした米俳優トム・ハンクスが登場。会場は大きな歓声に包まれた。本映画祭のオープニング作品「キャプテン・フィリップス」で主演を務めたトム・ハンクスは、同作のポール・グリーングラス監督とともにグリーンカーペットを歩き、ファンのサインに積極的に応じていた。
グリーンカーペットの大トリを飾ったのは安倍晋三内閣総理大臣。再び登場したフェスティバル・ミューズの栗山千明とともに観客の声援に手を振って応えながらグリーンカーペットを歩いた。

第26回東京国際映画祭は25日まで開催。コンペティション、特別招待作品、アジアの未来、ワールド・フォーカス、日本映画スプラッシュの5部門と特別上映、提携企画を合わせた国内外の約300作品が上映される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!