AKB48柏木由紀、次期総監督に名乗り!?

AKB48が18日、東京ディズニーシー®にて、ディズニーの仲間たちとのスペシャルショー「Halloween Party with AKB48」を開催した。ショーは創業100年を迎えたハウス食品によるキャンペーン「“みんなにありがとう” スペシャルナイト AKB48 in 東京ディズニーシー®」の一環として開催されたもの。


ショーにはAKB48とSKE48HKT48、SNH48、JKT48から総勢55名のメンバーが参加。さらに7月にAKB48を卒業した篠田麻里子も本キャンペーンのCMに出演していたことから1日限りの復活を果たした。

終演後に実施された囲み取材では、篠田麻里子の1日限定復帰にちなみ、記者からメンバーに「1日限定で何かになれるとしたら何になりたいか」との質問。大島優子と小嶋陽菜がお互いの名前を挙げ、相思相愛ぶりを見せるなか、柏木由紀は「総監督になってみたいです」と発言。周囲がざわつくと「1日だけなら」と強調した。
総監督になって円陣の掛け声をしたいという柏木に、大島から「キャプテンやってたじゃん」とツッコミが入るも「AKBグループ全体のをやってみたい」と意外な一面を覗かせ、記者から「野望ですか?」と問われると「それはちょっと違うので・・・1日だけ、1日だけです」と苦笑いしていた。

その後、セ・リーグクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で勝利したジャイアンツが日本シリーズ進出を決めたことに話が及ぶと、この日先発した杉内俊哉投手が鹿児島実業高等学校出身ということでコメントを求められた柏木は「若い選手を引っ張っていってると聞いていたので、AKBの私もいい刺激を受けて頑張りたいと思います」コメント。それを聞いた他のメンバーから「お!次期総監督!」と再び囃し立てられ、大島優子からは「なんかすごいやる気。どうしたの?」と心配されていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top