SKE48が「Sweets+ 宣伝部」に就任 ドラフトでも「ファミマが好きな子に来てほしい」

名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が、ファミリーマートのオリジナルスイーツブランド「Sweets+(スイーツプラス)」を宣伝する「Sweets+ 宣伝部」に就任。21日、都内で就任式が行われ、SKE48を代表して松井珠理奈、松井玲奈、木﨑ゆりあ、高柳明音、柴田阿弥、須田亜香里の6人が出席した。

松井珠理奈はSweets+の商品の中からフィナンシェを手に取り、「朝ごはんによく食べるんです。朝ごはんでもいいし、3時のおやつでもいいし、夜ご飯食べ終わった後でも、いつでも手軽に持ち歩てどこでも食べられるのがいい」とおすすめの理由を説明。木崎ゆりあは新作の“えびすかぼちゃのスフレ”を選び「昨日、家に帰って何か甘いものを食べたいと思って冷蔵庫を開けたらたまたまこれがあって、今日これを見つけて運命なんじゃないかと思った」と興奮気味に語った。

続いて6人は宣伝部員の初仕事として、期間限定オリジナルメッセージの公開録音を実施。報道陣の前でやや緊張していた6人だったが、見事1発で成功させ、胸を撫で下ろしていた。
オリジナルメッセージは、10月22日から11月10日までの期間限定で、ファミリーマートのレシートに印字される電話番号から聞くことが出来る。

その後行われた囲み取材では、来月10日に行われる「AKB48グループ ドラフト会議」について、チームKIIのリーダーを務める高柳明音は「この期間に合宿や特訓を積んでいるので、一人ひとりが輝き始めていて、迷っています」と本音を漏らし、チームEのリーダー・松井玲奈は「私達がドラフトに出ていたら絶対落ちてたよねって、みんなでよく話しています」と笑っていた。

「SKE48をより盛り上げてくれる子が来てくれることを願って、楽しみたいと思います」と期待を込める高柳は、報道陣から「その子の人生を握ってるわけですよね」と言われると、「たしかに・・・」と神妙な面持ち。メンバーから「重い!」と声があがる中、すかさず松井玲奈が「人生は握ってないですよ。そこで選ばれるのも運だし、そこで落ちたことによって頑張る子もいるし、そこからの道を決めるのは自分自身だから」と、しっかりフォローした。

最後に松井珠理奈は「SKEで良かったって言ってもらいたい。なんか“AKBが良かった”とか言われたら複雑」といって周囲を笑わせ、松井玲奈は「私はファミマが好きな子が来てくれればそれでいいです」と上手にまとめて終了した。

ファミリーマートは10月22日よりSKE48をキャンペーンキャラクターに起用した「Sweets+を買ってSKE48オリジナルグッズを当てようキャンペーン」を展開。
キャンペーンでは「Sweets+」のチルドデザート、焼き菓子、アイス等のパッケージについているバーコードを必要枚数集めて応募すると抽選でSKE48のオリジナルグッズが当たるほか、SKE48とのコラボスイーツが12月以降に発売される予定となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top