渡辺麻友ら「パーシー・ジャクソン」ジャパン・プレミアに登壇 追加舞台挨拶も決定

ジャパンプレミア

11月1日に公開を迎える映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』のジャパン・プレミアが21日、エプソン 品川アクアスタジアムのイルカプールで開催された。


人気実力派声優・宮野真守(パーシー・ジャクソン役)、本作でハリウッドデビューを果たした渡辺麻友(アナベス役)、ゆるキャラ界に君臨する“ふなっ神”ことふなっしー(ヘルメスの力の象徴である杖に絡みつく蛇のジョージ役)の豪華日本語吹き替えキャストが出席した本イベントでは、宮野が「実は海の神・ポセイドンの息子のパーシー役なのに泳げない・・・」と告白すると、“ふなっ神”は「(自分は)泳げるなっしー!」とイルカプールに飛び込むもうと身を乗り出し、2人に制止されるなど、3人のトークに会場は大きな盛り上がりを見せた。
目前に迫った映画公開に向け、宮野は「前作から映像もパワーアップしておりまして、本当に臨場感たっぷりの3Dアトラクションに仕上がっているので、是非劇場でこの興奮を間の当たりにしてください」とアピール。渡辺は「私たちの海の移動を助けてくれる、ヒポカンポスという海の馬のようなシードラゴンが登場するシーンが幻想的で映像もとても綺麗なので特に注目して欲しいです」と見どころを語った。

また、先週末に発売を開始した本作公開記念の豪華吹き替えキャスト登壇による劇場舞台挨拶チケットが発売後即完売。多くのファンの方から追加実施の要望が寄せられ、パーシー・ジャクソン役の宮野が登壇する追加劇場舞台挨拶の実施が緊急決定した。
追加実施が決まったのは、11月3日(日)シネマサンシャイン池袋の【13:10】の回上映終了後と【15:50】の回上映前の2回の舞台挨拶。
チケットは、プレリザーブ(先行抽選販売)が、10月23日11時から25日11時まで、一般販売が10月26日10時より開始となる。
チケット購入の詳細は、公式サイトで確認できる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top