SKE48、東名阪ツアースタート 新曲初披露&嬉しいサプライズも

名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が26日、神戸ワールド記念ホールにて“SKE党決起集会。「箱で推せ!」”のツアーの初日公演を開催した。

ライブは終身名誉研究生・松村香織のソロ曲を前座としてスタート。Overtureのあと、熱いコールのなかメンバーが登場し、会場に詰めかけた6500人のファンが大歓声で迎えた。
『汗の量はハンパじゃない』以来の3年ぶりとなった神戸での単独コンサートについて、高柳明音が「3年たっても汗の量はかわらないですね」というと、須田亜香里は「3年たっても亜香里の笑顔も変わらない~!」と開幕から須田節全開で会場のファンを盛り上げた。

松井珠理奈は、黒のセクシー衣装でソロ曲「Blue rose」を歌唱。東李苑は「強がり時計」をピアノ弾き語りで披露するなど、メンバーそれぞれの魅力を存分に発揮。
松井玲奈は山田みずほとのユニット曲を歌唱。白のフリフリのミニワンピ衣装で歌いあげ、玲奈の「みずほは今いくつなの?」の質問に山田が「16歳です」と答えると、「わたしは22歳!ツインテールしてるんだよー!」と叫び、会場の笑いを誘う一幕も。

終盤では「神戸のみんな盛り上がってくれるかい?」と呼びかけ、人気曲「片思いFinally」「アイシテルラブ!」「キスだって左利き」「チョコの奴隷」を続けて熱唱。会場のボルテージは最高潮に達し、続く「美しい稲妻」では、ステージに炎があがり、さらなる熱気に包まれた。

アンコールでは、11月20日にリリースする13枚目のシングル「賛成カワイイ!」を初披露。
同曲では今年6月に行われた第5回AKB48選抜総選挙で17位に食い込み注目を集めた柴田阿弥や研究生の北川綾巴らが、SKE48のシングル初選抜入りを果たした。歌唱前に柴田が曲紹介をすると、ファンから大歓声が沸き起こり、彼女が感極まって涙ぐむ姿も。
今回の新曲「賛成カワイイ!」は、クラスのマドンナに片思いする男の子のもどかしい気持ちを爽快なメロディーにのせて歌う曲になっている。いつもとは違う、コール&レスポンス形式の歌唱に、会場が一体となり盛り上がった。

昼夜2公演を開催したこの日、昼公演ではサプライズで12月5日横浜アリーナの追加公演を発表。夜公演では研究生・山田みずほのチームKⅡへの昇格が発表された。
会場からみずほコールが沸き起こり、ほかのメンバーからも祝福をうけた山田みずほは「今年4月の組閣で昇格できなくてあきらめようと思ったけど、昇格できて本当に良かったです。これからはチームKⅡの山田みずほとして恩返ししていきます」と涙ながらに意気込みを語った。

本ツアーは神戸、横浜、名古屋をめぐる東名阪ツアー。最終地の名古屋ではSKEメンバーの悲願だったナゴヤドーム単独コンサートが控えている。

メンバーコメント


松井珠理奈(チームS)

●ツアーについて
今回は、ユニットシャッフルなどもやって、いつも以上にメンバーみんな気合い入っていて、ファンの方の声援もたくさん聞こえてきてうれしかったです。

●新曲について
初披露したときに、コール&レスポンスを喜んでくださって、初めてなのに盛り上がってくれてうれしいです。SKE48が48グルーブの中で一番カワイイと言ってもらえるように、「賛成カワイイ!」を伝えられたらと思います。

松井玲奈(チームE)

●ツアーについて
待ちに待った神戸単独ツアーでこうしてみなさんに会えて本当にうれしいです。神戸に来ることができてほんとに良かった。SKE48はこれからも精一杯かんばります。これからも応援よろしくお願いいたします。

●新曲について
今回のシングルはいつもと違って、コール&レスポンスの掛け合いができるようになっております。「GoGo」といったら、「GoGo」とかえしてください!ぜひ皆さん、手をあげたりなんかして楽しんでいただけたらと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top