福山雅治のサプライズ登場に大歓声 「そして父になる」ティーチインイベント

131028chichininaru12

俳優の福山雅治が28日、都内で行われた主演映画『そして父になる』の是枝裕和監督によるティーチインイベントにサプライズで登場した。

「こういうイベントをやっていると話したら、自分もぜひ参加したいと言ってくれた人がいる」と是枝監督から呼び込まれた福山が登場すると、会場は悲鳴のような大歓声に包まれた。
国内で観客の質問に直接答えるティーチインに参加するのは初めてという福山は「司会者の方がいなくて自分たちで司会進行もしないといけないというのも初めてですね」といい、是枝監督に「お任せします」と進行を委ねた。

「もともとそんなにいろんなことができる人ではないので。自分で意図したというより子供たちと監督に引き出された。受動的だった」と自身の演技を振り返った福山。
観客から、福山が演じたエリート志向の良多とリリー・フランキーが演じた雄大、どちらのタイプの父親かと聞かれ、「良多かなと思います。一応こういう仕事やってるんで、いい学校に入れようとするかも」といって会場の笑いを誘い、「選択肢がある環境を作ってあげたいなと思うんだろうなと思いました。そういう意味での良多方面」と、自身の思い描く父親像を語った。

イベントには本作を「8回観た」という熱心なファンもおり、中には福山の大ファンだという女性から「私の父になってください」と言われ、「父にですか?」と困惑する場面も。

福山は最後に「今回の映画は何度見てもその日の感情や体調によって受け止め方が変わるような、“生き物”のような作品に仕上がっていると思う。厚かましい意味ではなく何度も見ていただけると嬉しいです」と観客に語りかけてイベントを終えた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top