関ジャニ∞史上最強の男魂唄が生田斗真主演映画主題歌に

生田斗真主演の『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』の主題歌を関ジャニ∞が担当することが決定した。タイトルは「キング・オブ・男!」。作詞を湘南乃風の若旦那が初めて手がけている。

映画は高橋のぼるによる人気漫画『土竜の唄』(「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中)を原作とし、監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真という3つの才能が結集して映画化が実現した話題作。落ちこぼれの警察官が潜入捜査官“モグラ”として犯罪組織に潜り込み、ターゲットを挙げるために悪戦苦闘していく姿をコミカル且つスリリングに描く。

関ジャニ∞の村上信五は「関ジャニ∞としては、これほどまっすぐに男を意識した楽曲を歌うのははじめてなので、日本男児らしく“夢を追い求め愛する人を守る男の魂”を僕らなりに映画にぶつけてみました」とコメント。
主演の生田斗真は「自分の主演映画のテーマソングを昔馴染みの関ジャニ∞が歌ってくれる事、とても感慨深く、心強く思います。カッチョいい曲をありがとう!」と喜びを語った。

上原寿一プロデューサーは今回の起用について「『土竜の唄』は圧倒的なパワーで見た人に元気を与えられるような火の玉みたいな映画にしたいと思いました。そんな中で今日本で一番元気があふれているアーティストというとまっさきに関ジャニ∞さんが思い浮かびました」と明かし、「更に作詞を湘南乃風の若旦那さんが書いてくださり、更にそのパワーが増しました。曲名もずばり、『キング・オブ・男!』ということでまさに『土竜の唄』にふさわしい楽曲になったと思います」と太鼓判を押している。

『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』は、2014年2月15日(土)全国東宝系公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top