小室哲哉が映画館で初めての生演奏  映画『スティーブ・ジョブズ』ジャパンプレミア

ミュージシャンの小室哲哉が29日、都内で行われた映画『スティーブ・ジョブズ』のジャパン・プレミアで生演奏を披露した。イベントは本作のメガホンを取ったジョシュア・マイケル・スターン監督の来日を記念して開催。

舞台挨拶に登壇した小室は「お招きいただき感謝しています。自分のやってきた音楽はMac、Apple製品と切っても切れない関係にあるので、この場に立てて光栄です」と観客に向けて挨拶。映画について「ジョブズさんの生活の一部に音楽があるように描かれているなと思いました。ジョブズさんとは世代も近いし、僕もウッドストックなどに影響されているところがあるので、音楽的にも楽しませていただきました」と感想を述べた。

ジョシュア・マイケル・スターン監督が「ジョブズはビジョナリーなので、想像できてもテクノロジーが追いつかない中ではフラストレーションがあったでしょう。これは小室さんのようなミュージシャンや僕のようなフィルムメーカーにもいえることだと思います」と語ると、小室も「朝起きた瞬間に曲のイメージがあって一刻もはやく仕上げたい!という思いが、劇中のジョブズと似ているなと思いました」と応じ、「劇中ジョブズは会社立ち上げ当初相手にされず1年間コールバックが無いのにくらいついたりというところは、自分がTMネットワークのデビュー時も20社くらいにデモテープを送ったり、何かをひたすらやり続けるというところはジョブズ的なところかもしれません」と振り返って自身の姿と重ねあわせた。

その後、小室はトリビュートミニライブを行い、globeの「Departures」と米ロックバンド・イーグルスの「Desperado」をメドレーで演奏。小室が映画館でライブを行うのは初めて。選曲の理由について「一曲目はタイトルの『旅立ち』というところから、そして2曲目は劇中のシーンから思いつきました」と説明し、スターン監督からも「グレートミュージック!ベリーエモーショナル!!」と賞賛を受けた。

イベントではほかに、元AKB48の秋元才加やジャズシンガーの綾戸智恵、元大関のKONISHIKI、キャイ~ンの天野ひろゆきなど、作品に興味を持つ著名人がサウンドバイツに参加した。
映画は11月1日(金)TOHOシネマズ日劇1ほか全国ロードショー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top