自炊派のマギー「いつか相手ができたときのため」

131105ANECDOTE5

モデルのマギーとラブリの2人が5日、東京・東急プラザ表参道原宿で行われた「ANECDOTE axes femme」ポップアップショップのオープン記念発表会に出席した。



この日、2人は同ブランドの洋服に身を包んで登場。コーディネートのポイントを聞かれたラブリは「カーディガンがすごく着心地も軽いし、クラシックな雰囲気になっていてオススメ」、マギーは「シャツにパールが付いていて、ディティールがかわいい。このピンクのスカートに一目惚れしました」と、ブランドの魅力を紹介した。

最近は仕事で地方に行って美味しいもの食べてばかりというラブリ。最近食べたなかでは「鯛のお茶漬けが美味しかった」と笑顔。
一方のマギーは「自炊のほうが多い」といい、最近作ったココナッツカレーが「我ながらよくできた」と自画自賛。報道陣から食べさせたい相手はいないかと聞かれると「そういう人ができた時のために日々自炊して技を磨いています」と笑みを見せた。
また、着なくなった服をなかなか捨てられないというマギーは「こないだ引っ越しをして、やっと断捨離ができた。自分じゃできないから友達に手伝ってもらいました」と告白。ラブリは「実家に送って、お母さんに着てもらってます」と洋服整理の秘訣を明かしていた。

「ANECDOTE axes femme」は10月10日、フランス・パリに初の直営店をオープン。今回のポップ・アップ・ショップは日本国内初店舗となる。
マギーは「お店もパリっぽい雰囲気で、洋服もパリジェンヌっぽいイメージですごいかわいらしい」と絶賛。ラブリは「なかなか東京にないのでこういうブランドが東京にお店を出してくれるのはありがたい」と嬉しそうに語るも、同店舗はポップ・アップ・ショップということで11月30日までの期間限定オープン。2人は声を揃えて「もったいない」と残念がっていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top