ネイルクイーン殿堂入りの倖田來未が凱旋 サプライズに恐縮

歌手の倖田來未が11日、東京国際展示場で開催された「東京ネイルエキスポ2013」の「ネイルの日」セレモニーに出席した。

ネイルアートをこよなく愛し、ネイルの素晴らしさを伝えた著名人に贈られる「ネイルクイーン」を、2006年から2008年まで3年連続で受賞し、“殿堂入り”を果たしている倖田は、「2006年って自分が23歳だったんだっていうことに驚きです」と苦笑い。「こうやってまた呼んでいただけて本当に嬉しく思います」と挨拶した。
自分なりのネイルの楽しみ方について「やっぱりアクセサリーの一部で、爪が欠けてたり、剥げちゃったりしてるとテンションが下がる。爪もピアスだったりリングだったりと同じで、ファッションの一部としてネイルを考えているので、全体的なコーディネートに欠かせない」と、こだわりを語った。

この日、11月11日は日本ネイリスト協会が定め、日本記念日協会に登録された“ネイルの日”。セレモニーでは11月11日午前11時11分に合わせてカウントダウンが実施された。

また、2日後の13日に31歳の誕生日を迎える倖田へサプライズで花束が贈られると、倖田は「えーすごい!今日はネイルの日なのに、すみません」と恐縮しきり。「31歳になりますので、いい大人の女性として成長していけたらなと思っております。こんなに素敵な方たちにお祝いしていただいて本当に嬉しく思います。ありがとうございます」と丁寧に感謝の言葉を述べた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top