上戸彩、高良健吾に「ここでプロポーズしてほしい」

12月14日公開の映画『武士の献立』で主演を務めた女優の上戸彩と俳優の高良健吾が14日、六本木・東京ミッドタウンで行われた「ミッドタウン・クリスマス 2013」点灯式に出席した。

映画にちなみ、2人が“お椀”を点灯台の上に置くと、約2,000m²の広大な芝生広場一面にイルミネーションが点灯。東京ミッドタウンのイルミネーションカラーとしてお馴染みのブルーをベースに宇宙の広がりを表現する幻想的な光に包まれた。

イルミネーションに感動した上戸は「高良くんもいつかプロポーズするときに、ここを使ってほしいと思います」と提案。「この期間中にってことですか?」と戸惑う高良に「コロッといっちゃいますよ」と、けしかけていた。

「あんまりクリスマスプレゼントをもらった記憶がない」という上戸。唯一、「中学3年生のときにルーズソックスをおねだりしました」と明かし、「本物と偽物があって、本物のブランドの『あそこのルーズソックスがほしい』って言って買ってもらいました」と、クリスマスの思い出を語った。

今年のクリスマスの予定については「仕事が入っていたらいいな、と思います。昔は嫌だったんですけど、今は仕事が入っているほうが嬉しいです」と新婚らしからぬ発言。「みんなで過ごしたほうが楽しいから」とニッコリ。
高良が「クリスマスは(仕事中も)皆さんのテンションがハイですよね」と話すと、上戸も「それが楽しいよね~」とうなずいていた。

東京ミッドタウンのイルミネーションは冬の風物詩として期間中約500万人を超える人が訪れる。7回目を迎える2013年のテーマは“宇宙の広がり”を壮大に表現する「スターライトガーデン2013」。約28万個のLEDが芝生広場一面を、鮮やかでダイナミックな光で演出する。
また、東京ミッドタウン玄関口であるプラザに、たくさんのサンタクロースが出迎える「サンタ ストリート」や、約1,800体のサンタクロースを積上げた高さ約4mの「サンタツリー」、ロマンチックな雰囲気が人気の「シャンパンイルミネーション」など、様々な演出を街全体で実施。12月25日(水)まで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top