キアヌ&真田がお互いを賞賛

13111847roninPC13

17日に5年ぶりの来日を果たしたハリウッド・スターのキアヌ・リーブスが18日、都内で行われた主演映画『47RONIN』の記者会見に出席した。



キアヌは同作で共演した真田について「非常に高度な技術を持ち、紳士で、良き教師で、アーティストであり役者である人と同じ舞台に立てたことは自分にとって非常に名誉なこと」と絶賛。「初めて会った時に『この題材は“シンプル&ディープ”だ』と言われた。それが私の指針となって支えてくれた。毎日自分のことのみならず周りの人すべてを考えて気遣いしてくれた。彼のような人にガイドしてもらえて私は本当にラッキーだった。本当にありがとう」と感謝を述べた。

そんなキアヌに対し真田は「キアヌと一緒にトレーニングを始めたときには彼はすでに日本語の勉強をして、文化や歴史も学んで剣の動きも練習を積んでいた」といい、「彼は世界的なビッグスターでありながらいい意味で普通の人。とてもシャイで謙虚。リハーサルや本番を通して自分に厳しく他人にやさしい。それはまさに武道の精神に通じるところ。この役にぴったりだと思う」とキアヌの人柄を褒め称えた。

同作は忠臣蔵をベースとしつつ、四十七士にキアヌ・リーブス演じる架空の人物であるカイが登場するなどオリジナルの要素を加えたファンタジー・アドベンチャー映画。
会見にはキアヌと真田のほか、同作に出演した浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁、そしてカール・リンシュ監督が出席した。
『47RONIN』は12月6日(金)全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top